写真で巡る自然散策記

私が訪れた四季折々の自然の風景・花の写真を掲載しています。
また、花の開花状況・撮影場所・撮影のヒント等も紹介していますので事前情報としてご愛読ください。
現地で新しい発見を試みてはいかがでしょうか!!。
迎春 名古屋城 正月3日 2018 in 愛知

2018年
名古屋城 正月3日


3が日は
上々の天気で今日も快晴。


二ノ丸茶亭の案内に
” 金の茶釜でお茶をお点てします ”。
縁起の良い文句につられ
紅梅のお茶菓子と共に
一服頂きました。


昨日に続き今日は
大天守3階より7階天望室迄の様子をお届けします。



エレベーターで
直接3階へ


下り階段前には
徳川家の家紋入りの豪華な駕籠が展示されています。
江戸時代は ” 女乗物 ”(おんなのりもの)
男用は ” 男乗物 ” と呼ばれ将軍用でも飾りはなく
質素であった。と紹介さています

このフロアーは
城内と城下町の暮らしがテーマ。

城下町と堀川の一日の変化を
明かりで体感出来る街並みです。


【城内での暮らし】
藩主の ” 上洛殿 ” の様子と
食文化(祝い善)台所の様子が再現されています。
” 釜土 ” を見ると
田舎の家を思い出し懐かしく感じます。


【城下での暮らし】
本屋・武具屋・自身番の佇みが再現されています。
城下町の街並みは壁画絵で紹介しており

道行く人々が生き生きと描かれています。



続いて
4階フロアーに向かいます

ここは
各種の武具・鎧・兜・鉄砲等
貴重な資料が展示されています。

また

本丸御殿 ” 上洛殿 ” の天井絵
障壁画が紹介されています。

【豆知識】

本丸御殿は藩主の居館として慶長20年(1615年)に完成。
寛永12年(1634年)御殿の半分を取り壊し ” 上洛殿 ” 等が新築された。

寛永期の状態を復元するため平成21年(2009年)着工。
全貌公開は本年6月8日を予定。



【石垣に纏わる資料】
石垣は ” 加藤清正 ” が構築したと言われており 
” 石垣絵図 ” には分担した大名・家臣の名前が記されています。
なお
加藤清正の納めた巨大石の現物は
本丸 ” 東二之門 ” 前に組み込まれています。


” 名古屋能楽堂 ” 前には ” 清正像 ” と一緒に
石垣用に切り出す岩が配置してあります。

こちらも是非観てくださいね!!。


名古屋城の石垣には
” 刻紋 ” (大名とその家臣のしるし)が印されています。


【ここで問題 】
Q1)何故この ” 刻紋 ” が印されているのでしょうか。

正解 A1)は末尾を。



駕籠乗り体験コーナー
装飾がない所を見ると ” 男乗物 ” でしょう。
結構コンパクトな作りで現代の子供用と言った感じです。




続いて
5階フロアーに移動です


金鯱・三英傑の紹介。
体験・記念写真コーナーが集まります。

【金鯱に纏わる豆知識】

・金鯱に使われた金は慶長小判17,975両だそうです。
・金鯱は2度に渡り盗難にあったとか。

 (江戸時代の正徳2年に大凧を使い金鯱の鱗3枚盗難)
 (昭和12年国宝名古屋城の金鯱の鱗58枚が盗難)
  名古屋新聞にて取り上げられていました。


【三英傑の生誕地】
・織田信長公 
  那古野城(なごや)生まれとされているが
  近年の研究では勝幡城(しょばた)稲沢市の説が有力。

・豊臣秀吉公
  尾張国中村 名古屋市中村区に生まれる。
・徳川家康公 
  三河国岡崎 に生まれる。

石引きコーナーで綱引き体験
石垣に使う石の運搬手段が再現してあり
綱を引いた時に石の重さを体験する事が出来ます。

金鯱模型にまたがり記念写真
子供に限らず見学者全員に大人気です。
触れられるのはここだけですから来城記念にどうぞ。



最後に
最上階の7階展望台・売店へ


大変混み合っているせいか
暖房が効きすぎで窓ガラスが所々曇っています。

売店も
来城記念を買い求める人で結構な賑わいです。

【眺めは】
北には犬山城・岐阜城・御嶽山

南東には本丸御殿・名古屋市体育館
東には名古屋ドーム
西には名古屋駅の高層ビル群と鈴鹿山脈が望めます




【答えです】
A1)『所在を明確にするため』
     苦労して運んだ石が他の大名家のものと間違えられて、
     無用なトラブルがおきないよう、つけられたものである。
    (展示資料 ” 刻紋 ” に関する説明文より引用)



□□□□□□□

2018年1月3日撮影
20180103 TZ85_0074 nx2_640 480_50R.JPG
大天守内 装飾も無く普通のエレベーターでした 初乗りです

20180103 TZ85_0108 nx2_640 480_50R.JPG
大天守3階の展示資料 月夜の堀川

20180103 TZ85_0119 nx2_640 480_50R.JPG

大天守3階の展示資料 城下町の本屋さん

20180103 TZ85_0134 nx2_640 480_50R.JPG
大天守3階の展示資料 城下町の様子が描かれています

20180103 TZ85_0141 nx2_640 480_50R.JPG
大天守3階の展示資料 女乗り物(通称:駕籠)

20180103 TZ85_0153 nx2_640 480_50R.JPG
大天守3階の展示資料 本丸御殿 ” 対面所 ” の縮小再現

20180103 TZ85_0155 nx2_640 480_50R.JPG
大天守3階の展示資料 本丸御殿 ” 対面所 ” の縮小再現

20180103 TZ85_0188 nx2_640 480_50R.JPG
大天守3階の展示資料 再現された台所 (釜土に井戸・食器棚)

20180103 TZ85_0245 nx2_640 480_50R.JPG
大天守4階の展示資料 駕籠乗り体験コーナーです

20180103 TZ85_0265 nx2_640 480_50R.JPG
大天守4階の展示資料 本丸御殿の ” 上洛殿 ” 天井絵です

20180103 TZ85_0343 nx2_640 480_50R.JPG
大天守5階の展示資料 石垣に使う石を運ぶ体験コーナー

20180103 TZ85_0367 nx2_480 640_50R.JPG
大天守5階の展示資料 金鯱に跨って記念撮影をどうぞ

20180103 TZ85_0425 nx2_640 480_50R.JPG
大天守7階の展望台 西方面 正面に名古屋ドームが観られます

20180103 TZ85_0464 nx2_640 480_50R.JPG
大天守7階の展望台 北方面 手前の小山に ” 国宝犬山城 ” が観られます

AMR_0113 nx2_640 480_50R.JPG
大天守7階の展望台 西方面 名古屋駅の高層タワー

AMR_0161 nx2_640 480_50R.JPG
大天守7階の展望台 南東方面 本丸御殿・名古屋市体育館

20180103 TZ85_0472 nx2_640 480_50R.JPG
大天守7階の展望台 から見下ろした螺旋階段


名古屋城の情報は梅の花が咲く時期に
お届けしますのでお楽しみに!!。


最後までご覧頂きありがとうございました。

2018年1月2日の天守内部の様子は 
こちら をご覧ください。

《 写真素材 》 フォトライブラリー
写真・素材をお探しの方は こちら 
をご覧ください。
アーティスト名 Hiro.I

JUGEMテーマ:お城

| comments(0) | - |









page top   

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
Search this site.
NEW ENTRIES
CATEGORIES
PROFILE
RSS/ATOM
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS