写真で巡る自然散策記

私が訪れた四季折々の自然の風景・花の写真を掲載しています。
また、花の開花状況・撮影場所・撮影のヒント等も紹介していますので事前情報としてご愛読ください。
現地で新しい発見を試みてはいかがでしょうか!!。
迎春 名古屋城 正月2日 2018 in 愛知

2018年
名古屋城 正月2日。


元旦は初詣で家族と過ごし
今日は家族でお出掛けという方も多いのかと
昨日よりも来城者が随分多く盛況となりました。

西之丸エリアでは
キッチンカーが出展しており
寒空の中暖かいスナックが人気を集めていました。



名古屋城では
今年から大事業が目白押し。

・金シャチ横丁の開設(本年3月オープン)
・名古屋城本丸御殿復元完了(本年6月公開)
・天守閣木造復元計画(本年5月より)
・名古屋城二之丸庭園の名勝追加登録(昨年11月答申)

” 天守閣木造復元事業 ” に伴い
本年5月7日から小天守・大天守が閉門されます。

これを受けて
未だ先の事ではありますが
久しぶりに名古屋城大天守内をじっくりと観て来ました。



【名古屋城大天守閣】
地階は 金鯱模型と黄金水井戸模型にエレベーターホール。
1階は 本丸御殿と城郭に纏わる資料がの展示。
2階は 企画展示のフロアーで
    重要文化財等の特別公開の展示フロアーにもなります。
3階は 場内・城下での1日の暮らしを灯りと夜景で紹介。
4階は 本丸御殿と城の石垣・門・天守に纏わる資料の展示。
5階は 名古屋城の歴史と三英傑・金鯱に纏わる資料の展示。
6階は 械室で施錠。
7階は 最上階の展望室に土産売店。


【ご注意ください】
1階はフラッシュ撮影禁止。
2階は特別展の開催時は写真撮影禁止となっています。


大天守に入るルートは2つ。
【通常】
小天守から入り大天守に繋がる ” 橋台 ” を渡って大天守の地階へ。

【バリアフリー】
” 不明門 ” 側の大天守外部エレベーターで大天守の1階へ。

大天守の内部エレベーターは5階迄です。
7階の展望台・売店へは階段の利用となります。




では
今日の様子をお届けします。

今日も快晴で
素晴らしい天候に恵まれましたが
やはり1月の北風で寒さが増し身に沁みます。

いつも通り東門から入城し

小天守から【通常ルート】で大天守に向かいます。


” 橋台 ” に出ると
両サイドを塀で防御された正面に
迫力満点な大天守が聳え立っています。


皆さん大きな歓声をあげ写真に夢中です。

陽の光を一杯浴びて
頭上の ” 金鯱 ” も燦燦と輝いています。



大天守の地階では
” 金鯱 ” が来城者をお出迎え。
この左奥にエレベーターホールがあります。

【ここで問題 】

Q1)名古屋城内に ” 金鯱 ” は何体あるのでしょうか?。
   ミニサイズは省きます。

Q2)天守閣木造復元事業でエレベーターはどうなるのでしょうか?。

正解 A1)A2)は末尾を。




続いて
階段を使い1階に向かいます。

このフロアーは
名古屋城・本丸御殿・金鯱等が
現存する遺品・資料と共に紹介されており
ここで名古屋城の成り立ちが良く分かります。


現在復元中の ” 名古屋城本丸御殿 ” 
” 上洛殿 ” ・
” 湯殿書院 ”・” 黒木書院 ”・全貌模型。
これらの資料で
6月公開の際の見所が良く分かりますね。

名古屋城内と
南に広がる城下町の様子も模型でよく分かります。



基本情報を得て
2階のフロアーへ

ここでは

” 名古屋城 - 巨大天守の歴史と未来 - ” を
テーマに資料展示しています。
(2月25日迄)

名古屋城築城から変遷が紹介されています。
本丸御殿を含む名古屋城は全国の城中で国宝第1号。


当時の天守内部・外観・金鯱の
ガラス乾板写真や建築設計図面資料に眼が集まります。


” 金鯱 ” に関する歴史的資料は
現在の姿にまで復活した複雑な歴史や
海を越えた金鯱の旅先の情報も興味深く観られました。


このフロアーは
木造復元後の姿を想像しながら資料を観て回ると楽しいですね。



今日は
地階・1階・2階の展示資料を
1つ1つ観て回り3時間程要しました。


明日は
3階から7階展望室迄の様子をお届けします。



【答えです】
A1)『城内には金鯱が5体あるんですよ。』
   ・大天守の南北に実物が1体づつ。
   ・正門横の食堂・売店前にレプリカが1体。
    (東門から入城される方も是非お立ち寄りくださいね)
   ・大天守の地階にレプリカが1体。
   ・大天守の5階にレプリカが1体。

    (背中に乗って記念撮影出来ますよ)

A2)『賛否あり現在検討中の様です。』


□□□□□□□

2018年1月2日撮影
20180102 TZ85_0080 nx2_640 480_50R.JPG
下から見上げた大天守 右側の白い構造物は外部エレベーターです


20180102 TZ85_0085 nx2_480 640_50R.JPG
小天守への入り口です

20180102 TZ85_0095 nx2_480 640_50R.JPG
小天守と大天守を結ぶ橋台の内側の様子です

20180102 TZ85_0103 nx2_640 480_50R.JPG
大天守の地階エレベーターホールです 5階まで行けます

20180102 TZ85_0108 nx2_480 640_50R.JPG

大天守の地階の展示資料 金鯱のレプリカです

20180102 TZ85_0116 nx2_480 640_50R.JPG
階段はこんな感じです

20180102 TZ85_0118 nx2_640 480_50R.JPG

階段部分にはこんな装飾が施されています

20180102 TZ85_0166 nx2_480 640_50R.JPG
大天守1階の展示資料 本丸御殿の資料館です

20180102 TZ85_0198 nx2_640 480_50R.JPG
大天守1階の展示資料 本丸御殿の模型です

20180102 TZ85_0248 nx2_640 480_50R.JPG

大天守1階の展示資料 
現在復元中の本丸御殿 ” 上洛殿 ” の模型です(6月全貌公開予定)


20180102 TZ85_0208 nx2_640 480_50R.JPG
大天守1階の展示資料 名古屋城と城下町の再現模型です

20180102 TZ85_0225 nx2_640 480_50R.jpg
大天守1階の展示資料
初代の金鯱に使われていた金で作った金の茶釜(レプリカです)


20180102 TZ85_0311 nx2_640 480_50R 名入れ.jpg
大天守1階の展示資料 1940年頃のガラス乾板写真です

20180102 TZ85_0354 nx2_480 640_50R 名入れ.jpg
大天守1階の展示資料 1940年頃のガラス乾板写真です

20180102 TZ85_0633 nx2_640 480_50R.JPG
大天守1階の展示資料 大天守破風の銅板製の鬼瓦
こんな所(右下部)にハートマークを見つけました



最後までご覧頂きありがとうございました。

《 写真素材 》 フォトライブラリー
写真・素材をお探しの方は こちら 
をご覧ください。
アーティスト名 Hiro.I

JUGEMテーマ:お城

| comments(0) | - |









page top   

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
Search this site.
NEW ENTRIES
CATEGORIES
PROFILE
RSS/ATOM
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS