写真で巡る自然散策記

私が訪れた四季折々の自然の風景・花の写真を掲載しています。
また、花の開花状況・撮影場所・撮影のヒント等も紹介していますので事前情報としてご愛読ください。
現地で新しい発見を試みてはいかがでしょうか!!。
ダイヤモンド富士 田貫湖 2015 in 静岡

今日は、
静岡県富士宮市の田貫湖 ( たぬきこ ) に
ダイヤモンド富士を観に行ってきました。


 

新東名の新富士インターからR139を北進し、
白糸の滝辺りを更に北進すると田貫湖に到着です。

 

ナビ設定は、いつも田貫湖キャンプ場にしています。

湖の西側畔にある国民休暇村富士でも案内してくれます。
 

桜は既に散っており、わずかに残った桜で花見も楽しんで来ました。

例年、こんな状況ですが、精進湖では満開の桜が楽しめますよ。

機会があれば、是非訪れてみて下さい。
 

田貫湖の話題に戻ります。
 

こちらは、キャンプ伯、デイキャンプの野外施設になります。
 

今までに、3度テント伯で利用させて頂きましたが、
かなり冷え込みますので薄手の寝袋1つでは凍えてしまいます。


 

プラス厚手の掛け毛布を1枚持参した方が無難です。

( 寝袋の中にオイルカイロを入れると、
汗をかいて体が冷えてしまいますのでご注意を! )

 

日中は、天気が良いと強い日差しが照り付けるので日焼け対策が必要です。
 

高度680メートル程ですから紫外線が強いのでしょうね。
 

ここでの売りは何と言ってもA・B・Cの各区画、
何処からでも富士山の優美が拝める事でしょう。


 

ウオーキング、サイクリング、釣り ( へらぶな・ルアー ) に
興味のある方は是非どうぞ。


 

天気は良好、富士山は少し霞が掛かっていましたが
田貫湖畔をのんびり散策です。


 

【 本日の田貫湖散策順路 】
 

キャンプ場駐車場がスタート・ゴール地点

管理棟

姫の橋

湖上展望台

北ボート桟橋

憩いの広場

たぬき展望台

西側桜並木の湖畔

あずまや

展望デッキ

テントサイトC

テントサイトB

テントサイトA

展望テラス


 

日の出待ちで、カメラを構えていると
ウオーキング、ランニングの方々と出会い挨拶を交わします。

 

時間が迫ってくると周りがソワソワ、ガヤガヤ、賑やかになって来ます。

日が上ると、一斉にシャッター音が響き渡り、そして静寂な湖畔に戻ります。
 

車で一息つき、湖畔の周遊散策に出かけます。
 

10時過ぎ、管理棟を横目に見て時計と反対周りに足を進めます。

これ以前の時間では、逆光になり富士山が撮れませんので急ぐ必要はありません。
 

管理棟の裏庭辺り

左に裾野が広る富士山が望めます。
 

管理棟先の遊歩道( 南エン堤 )

電線が邪魔になりますが、富士山は結構良い絵になります。
 

つつじワンドの広場辺り

国民休暇村富士が遠くに望めます。

富士山も九合目辺りでしょうか山頂が望めます。


 

姫の橋辺り

休暇村富士とキャンプ場の展望テラス、西側の湖畔全貌が望めます。

富士山も八合目辺りでしょうか良い眺めです。
 

また、ウグイスの囀りが心地よく響き渡ります。

この辺りを縄張りにしているのでしょう。


 

北エン堤、水門辺り

一本桜が勇壮に感じます。

へらブナの釣り師で一杯です。
 

湖上展望台、神社前桟橋辺り

富士山は、左の山の斜面が気になりますが上々です。

車道側の桜も絵になります。

こちらも、釣り師で一杯です。
 

北ボート桟橋辺り

桜の木の下から富士山が望めます。

桟橋の先も、釣りの良いポイントなのでしょう。
 

憩いの広場辺り

高台になっていますので見晴らしが良い。

芝生、テーブルで皆さん弁当を広げていました。
 

たぬき展望台( 高度690メートル程 )

憩いの広場の後方の山になりますが、狭いので譲り合って楽しんで下さい。

桜の枝が頭上を覆っていますので、見下ろすといった感じです。

富士山は、湖畔からのアングルとは違って奥行きを感じさせます。
 

西側桜並木の湖畔辺り

この辺りは、桜の木の下から左右裾野が広がった富士山が望めます。

各ポイントに釣り師が腕を奮っています。
 

展望デッキ( 休暇村富士の前 )

田貫湖のメインステージであり、高確率で逆さ富士が望めます。

また、ダイヤモンド富士、ダブルダイヤモンド富士を狙うカメラマンで賑わう場所でもあります。
 

テントサイト辺り

Cサイトは、桜の木が沢山植樹されています。

桜を前景に富士山が撮れる場所です。
 

Bサイトは、小高い丘といった場所です。

ここも桜を前景に富士山が撮れる場所です。
 

Aサイトは、駐車場から最も近く面積も一番広い場所です。

展望テラスもあり、湖の東・西・北側の全貌が楽しめます。

富士山は、東側に聳え立ちテント内からも望む事ができます。
 

桜と富士山を写真に収めたい方は、4月上旬から中旬迄にどうぞ。


 

【 富士山のビューポイント 】 
 

湖畔全体がビューポイントですが、

”憩いの広場 ”の先にある桜並木の湖畔は裾野全体を望む事が出来ます。

管理棟

南エン堤

姫の橋

湖上展望台

北ボート桟橋

憩いの広場

たぬき展望台

西側桜並木の湖畔

あずまや

展望デッキ

Cテントサイト

Bテントサイト

Aテントサイト

展望テラス


 

久しぶりの遠出で少々疲れましたが、

由比の直売所で買った桜海老と、シラスで晩酌を楽しむ事が出来ました。



2015年4月23日撮影

夜明け前の富士山 左手から嫌な感じの雲が迫って来ました

薄く覆われた雲に邪魔をされました 

夜明け前の富士山 右手から筋雲が迫って来ました

もう少し羽が伸びると良かったのですが
 

キャンプ場内から 入り口ゲート越しに富士山を撮ってみました

管理棟の先 遊歩道からの富士山ですが電線が邪魔になります

姫の橋 遊歩道からの富士山 ウグイスの囀りで癒されます


北エン堤遊歩道から 中央奥左の一本桜 満開の時期は見事です
 


湖上展望台 湖全体が見渡せます

北ボート桟橋 桜の木の下からの富士山です

憩いの広場よりの富士山です

たぬき展望台よりの富士山です
 

たぬき展望台より 見下ろすとこんな感じです

湖畔の桜並木よりの富士山です

ポケット広場の手前 桜と休暇村富士

あずまやより観た富士山です


展望デッキと 休暇村富士です

展望デッキよりの富士山です

Cサイトよりの富士山です

Bサイトよりの富士山です


Aサイトから観た富士山です




最後までご覧いただきありがとうございました。


< 写真素材 > フォトライブラリー
写真・素材をお探しのほうはこちらからお立ち寄り下さい。
アーティスト名 Hiro.I
http://www.photolibrary.jp/profile/artist_271735_1.html

JUGEMテーマ:富士山
| comments(0) | - |









page top   

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
Search this site.
NEW ENTRIES
CATEGORIES
PROFILE
RSS/ATOM
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS