写真で巡る自然散策記

私が訪れた四季折々の自然の風景・花の写真を掲載しています。
また、花の開花状況・撮影場所・撮影のヒント等も紹介していますので事前情報としてご愛読ください。
現地で新しい発見を試みてはいかがでしょうか!!。
段戸国有林 スズタケの花 2016 in 愛知

今日は

愛知郡設楽町の段戸裏谷原生林へ

” スズタケの花 ” を観に行ってきました。

 

 

” 段戸湖・きららの森 ” と

言ったほうが皆さんにはお馴染みでしょうね。

 

湖でのルアー釣り・原生林で探鳥、ハイキングと楽しみ方は色々。

 

 

この

” スズタケの開花 ” を観られるのは非常に珍しく

’ 120年に一度 ’ ’ 60年から120年の周期 ’ とも

言われており ’ 一斉開花 ’ ともなると学術的に貴重な現象だとか。

 

偶然見かけたのを報じられたのがきっかけで

今では観光バスで訪れる程人気のスポットになりました。

 

ここ

段戸裏谷原生林での開花も今までに記録がないそうです。

 

 

 

〈 マイカーでのアクセス 〉

豊川インターからR151号ーR257号ー県道33号線

名古屋インターから猿投グリンロードーR153号ー県道33号線

段戸湖を目指してください

 

 

 

 

駐車場の観光案内所に

森の案内図が設置してあります。

これがとっても分かり易く描かれているんですよ。

 

原生林をハイキングするなら

まずこれを手に入れてくださいね。

 

 

スズタケの花見の場合は

湖の林道一本道ですから地図は無用です。

 

 

今日は

駐車場から林道に入り ’ 五六橋 ’ まで

花を求めて往復3キロほどの工程でした。

 

結構綺麗に咲いていたのは

休憩所の前後10mの範囲です。

 

凄く小さな花なので

目を凝らして探さないと通り過ぎてしまいます。

 

今日見つけたのは

地上高50cmから1mの範囲です。

雌蕊のような細長く黄色い花を付けています。

 

 

もう少し詳しく説明しますと

花と言っても花びらがある訳ではなく

穂の部分から

黄色の細長い雄蕊が咲いた後に

白い雌蕊が顔を出すそうです。

 

また

種を付けた後は

枯れて息絶えてしまうと言うことです。

 

 

” ササ ” は5月下旬から

7月上旬に花を咲かせると言いますから

未だこれからでもお目にかかれそうですよ。

 

宝探し気分でワイワイやってみるのも良いかも。

 

 

次回は

白い雌蕊が咲いたところを

ご紹介できればと思っています。

 

 


□□□□□□□

2016年6月18日撮影

 

段戸湖です 駐車場より

 

林道からの段戸湖です

 

林道の左手に咲いています 右側は段戸湖です

 

湖側にも見つけましたが花が咲いていません 

これから咲くのでしょうか 地上高20cm程です

 

こんな茂みの中から小さな黄色の花を探すのですよ

 

 

黄色いのがスズタケの花です

地上高50cm程です

 

休憩所です 林道左手の前後10mの範囲に咲いていました

 

雌蕊みたいな黄色い花がぶら下がっています

地上高70cm程です

 

花の部分を目一杯近づいて撮ってみました

 

 

 

 

最後までご覧戴きありがとうございました。


《 写真素材 》 フォトライブラリー
写真・素材をお探しの方はこちらからお立ち寄り下さい。
アーティスト名 Hiro.I

http://www.photolibrary.jp/profile/artist_271735_1.html

JUGEMテーマ:
| comments(0) | - |









page top   

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
Search this site.
NEW ENTRIES
CATEGORIES
PROFILE
RSS/ATOM
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS