写真で巡る自然散策記

私が訪れた四季折々の自然の風景・花の写真を掲載しています。
また、花の開花状況・撮影場所・撮影のヒント等も紹介していますので事前情報としてご愛読ください。
現地で新しい発見を試みてはいかがでしょうか!!。
花便り 矢勝川堤の彼岸花 2017 in 愛知

中部・東海地方の花見スポットより
” 彼岸花 ” (ヒガンバナ)の様子と開花状況をお伝えします。

今日の花見スポットは
愛知県半田市に流れる矢勝川の ” 彼岸花 ” です。

この地では毎年
” ごんの秋まつり ” が開催されます。

300万本もの彼岸花で
真っ赤な絨毯が堤防の土手を埋め尽くす様は県内一の規模です。


今年の田圃アートのテーマは ” 山車まつり ” 。
祭り人が
山車を曳く姿が描かれています。


まつりは
10月4日まで開催しています。


【 今日の花の状況 】


場所によって随分ばらつきはあるものの
赤い絨毯が堤防沿いに広がり見物客の眼を楽しませています。

休憩所前はコスモスも咲き見応えがありますが
白っぽく色の抜け落ちた個所が目立って来ました。



未だの方は
早々に観に行かれては如何でしょうか。


□□□□□□□

2017年9月26日撮影

20170926 TZ85_0099 nx2_480 640_50R.JPG

弘法橋辺りの様子です

20170926 TZ85_0105 nx2_640 480_50R.JPG
弘法橋辺りの様子です

20170926 TZ85_0121 nx2_640 480_50R.JPG
休憩場の手前辺りの様子です

20170926 TZ85_0192 nx2_640 480_50R.JPG

ごんの橋のお地蔵さん付近より

20170926 TZ85_0206 nx2_640 480_50R.JPG
” 田圃アート ” 手前に対岸への飛び石道が造られていました

20170926 TZ85_0216 nx2_640 480_50R.JPG
” 田圃アート ” 山車まつり

20170926 TZ85_0261 nx2_640 480_50R.JPG

休憩スペースの売店裏 国道側になります


2016年9月27日の
” 彼岸花 ” の様子は こちら をご覧ください。

最後までご覧頂きありがとうございました。
 

《 写真素材 》 フォトライブラリー
写真・素材をお探しの方は こちら 
をご覧ください。

アーティスト名

Hiro.IJUGEMテーマ:

 

| comments(0) | - |
花便り 逢妻女川堤の彼岸花 2016 in 愛知

豊田市宮上町の逢妻女川堤へ
” 彼岸花 ” の様子を観に行って来ました。

 


場所は

トヨタ自動車貞宝工場の南側
” 天王橋 ” から ” 男橋 ” の500メートル圏内の土手に
” 彼岸花 ” の大群生が観られます。

例年の見頃は
9月中旬から9月末頃との事です。


〈 マイカーでのアクセス 〉
R153号線の ” 本新町5 ” 信号を284号線へ北上
その先 ” 宮上町8 ” 信号を左折(三好方面)
男橋の袂に ” 彼岸花 ” と書かれた案内板があります。

駐車場は案内板の先
川沿いに臨時として用意されています。

 

〈 公共交通でのアクセス 〉
名鉄新豊田駅から
” 赤池駅 ” 行きの名鉄バスが出ていますよ。
停留所は ” 宮上町 ” です。


今日の花の状況は
真っ赤な見頃は少し過ぎ色褪せた感じですが
赤い絨毯が堤防沿いに広がり季節感を醸し出しています。

 


週末は
天候に恵まれない様ですが
未だご覧になっていない方はお急ぎください。


□□□□□□□

2016年9月30日撮影


宮下橋より男橋方面の様子です


宮下橋の袂の様子です


宮下橋の先に綺麗な花を探し撮りました


宮下橋と天王橋の中間地点当てりの様子です
この辺りは随分色褪せていました



宮下橋と天王橋の中間地点当たりの様子です


天王橋から回り込み対岸の様子です


宮下橋と天王橋の中間地点当たりの様子です
左上はトヨタ自動車の貞宝工場でしょう


宮下橋近くまで戻ってきました 
天王橋方面の様子です



最後までご覧頂きありがとうございました。


《 写真素材 》 フォトライブラリー
写真・素材をお探しの方はこちらからお立ち寄り下さい。
アーティスト名 Hiro.I
http://www.photolibrary.jp/profile/artist_271735_1.html

JUGEMテーマ:

| comments(0) | - |
花便り 矢勝川堤の彼岸花 2016 in 愛知

愛知県半田市の
矢勝川堤で ” ごんの秋まつり ” を開催中です。


毎年
” 彼岸花 ” の咲くこの時期に
” ゴンの秋まつり ” を開催されており
花と ” 田圃アート ” を楽しみに多くの観光客が訪れます。

” まつり ” の由来は
童話作家である ” 新見南吉 ” の生誕地で
童話の舞台になっているゴンギツネの物語からです。


花の状況は
場所によって随分開花にばらつきはあるものの
赤い絨毯が堤防沿いに広がり派手やかさを演出しています。


まつりは
10月2日まで開催しているとの事です。

未だの方は
早々に観に行かれては如何ですか。


□□□□□□□

2016年9月27日撮影


弘法橋辺りの様子です


弘法橋辺りで綺麗な花を切り撮りました


休憩スペースの売店裏です
とても綺麗に咲き誇っています



休憩スペースの売店裏 矢勝川方面です
とても綺麗に咲き誇っています



休憩スペースの売店前の花畑です


休憩スペースの売店前の花畑より
ごんの橋方面です


ごんの橋の先 未だ蕾がたくさん残っています


ごんの橋の先 斜面一杯に咲いています


キツネの田圃アートです





写真スポットに挙げられています
堤防の中にU字路が設けられており堤防斜面に咲く花が見通せます



殿橋辺りの様子です



高田橋脇にも咲いています ここで対岸に折り返しです


高田橋辺りの様子 高田橋方面の様子です


高田橋辺りの様子 奥の橋は殿橋です



最後までご覧頂きありがとうございました。


《 写真素材 》 フォトライブラリー
写真・素材をお探しの方はこちらからお立ち寄り下さい。
アーティスト名 Hiro.I
http://www.photolibrary.jp/profile/artist_271735_1.html

JUGEMテーマ:

※ 昨年(2015年)の様子へジャンプします。
 

| comments(0) | - |
ごんの秋祭り 彼岸花 2015 in 愛知

日中は、まだまだ暑い日が続いていますが

朝晩はめっきり過ごし易い気候となってきましたね
 

 

そこで、今日は初秋の ” 彼岸花  ” を観に行ってきました
 

場所は、半田市の矢勝川堤になります

弘法橋から阿久比半田線264号の高田橋まで

約2キロに渡り300万本の " 彼岸花 " が咲き誇っています
 

権現山を舞台に書かれた " 権狐 " の地として語り継がれ

童話作家である新美南吉の出身地として広く知られています
 

毎年9月20日辺りから10月上旬にかけて

” ごんの秋祭り ” が開催されます

祭りの期間中は、いろいろなイベントで賑やかになります

中でも、彼岸花ロードを花嫁行列をして歩くイベントは大人気です
 

最寄りの駅からも近いので電車での行楽客も多い様です

また、マイカー利用客向けに臨時駐車場からシャトルバスの運行もあります
 

〈 最寄りの駅 〉

名鉄河和線の半田口駅 から

 

〈 マイカー利用 〉

知多半島道路の半田中央 IC から
 

 

昨年に続き、今年も見事な彼岸花ロードを散策できました

が、今日は名鉄のウオーキング(住吉町駅発)と、

花嫁行列のイベント開催で凄い人出

10時を過ぎると矢勝川堤は、はるか先まで人で数珠繋ぎ状態でした
 

 

【 本日の眺望順路 】

 

マリモファームの駐車場がスタート・ゴール地点

弘法橋

ごんの橋

田んぼアート
 

7時30分

マリモファームの駐車場に到着 ( 500円です )

既に10台程の先着組がありました

早々に身支度を終え弘法橋に向かいます

橋までは2〜3分程、川では鴨のお出迎え付きです

天気も良く、清々しい雰囲気の中で散策開始です
 

斜面には厚みのある真赤な絨毯、堤防道路の両脇には花のラインが続きます

辺りには田んぼが続き、緑、黄色、赤、の配色がとても綺麗です
 

8時55分

コスモス畑の南上の休憩所 ( 売店 ) に到着です

窪地に田んぼ、コスモス畑、彼岸花畑が配置され

箱庭を眺めている感じがします

未だ、早い時間なので休憩している人も疎らですが、

時間の経過と共に人で溢れかいります
 

9時20分

車道寄りの散策路を通り

コスモス畑の東上のごんの橋に到着です

地産売店があります
 

10時15分

矢勝川堤から南側に降り

田んぼのあぜ道に咲いている彼岸花を観に行きました

ここには、民家が建ち並んでいますのでお静かに!
 

10時40分

田んぼアートを見下ろす

キツネの顔に、 ” まつり 2015” の文字が浮かび上がっています

今日は、田んぼのあぜ道に人がひっきりなしに入っていた為

数枚の写真を撮るだけなのにかなりの時間を要してしまいました
 

昨年のアート作品は、キツネが跳ねている

躍動感満載の全身アートでした

とても良かった コン
 

10時45分

毎年白い彼岸花が纏まって咲く斜面に到着です

階段は2か所

急で滑りやすいので注意して下さいね

今日は残念ながら3割程枯れてしまっています
 

田んぼの上空から低空で獲物を狙う素振りを繰り返す中型の野鳥

茶褐色というか灰色というか半逆光で識別できませんが ” チュウヒ ”?

カメラのセッティングをしてるうちに飛び去ってしまいました

残念
 

 

昨年は、この先の御殿橋 ・ ででむし広場を通って

高田橋を渡り北側の矢勝川堤で弘法橋へと足を進めました
 

今日も同じコースを計画して来ましたが風が強くなり

花が揺らぐので11時ここで折り返しです

 

 

【 現状と見通し 】

 

南側は、ほぼ見頃といった状況です

遅咲の花は、未だ蕾の固い状態でしたからここ1週間内が見頃となるでしょう

ただ、明日から今週末まで天気が悪いのでどう影響するかは分かりませんが ・・・
 

天気を見極めて訪れてみては如何でしょう
 

また、東海・甲信越の山間部は、山紅葉の時期を迎えて来ました

楽しみですね!!


2015年9月23日撮影



弘法橋 鴨がお出迎えです 

南側の斜面です 所々蕾が目立ちます 朝方は逆光になります

休憩所のある田んぼとコスモス畑です

休憩所の南側水路です 右側道路は265号線で1キロ先は名鉄半田口駅です

ごんの橋より 休憩所前の田んぼとコスモス畑です

ごんの橋より 水路脇の彼岸花です

ごんの橋辺りの花畑です

対岸 ( 北側 ) の花壇と彼岸花です

足元に咲く彼岸花です 見頃の花を選んで撮りました

人の列がはるか先まで続いています 大盛況です

土地改良碑が建つ所です 土手の斜面より 東方向の状況です

土地改良碑が建つ所です 田んぼ脇にも沢山咲いています

今年の田んぼアート 
今年はキツネの正面顔です


昨年の田んぼアート 
キツネのジャンプ 左が顔で右が尻尾です


田んぼアートの先です 土手の斜面より東方向の状況です

田んぼアートの先です 
毎年白い花が咲く所です 足元に注意して下さいね


田んぼアートの先です 
土手の斜面より堤防脇を見上げてみました


帰り道です 西方向を望む 人出が絶えません





最後までご覧いただきありがとうございました。


< 写真素材 > フォトライブラリー
写真・素材をお探しのほうはこちらからお立ち寄り下さい。
アーティスト名 Hiro.I
http://www.photolibrary.jp/profile/artist_271735_1.html

JUGEMテーマ:
| comments(0) | - |
page top   
1 / 1 pages

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
Search this site.
NEW ENTRIES
CATEGORIES
PROFILE
RSS/ATOM
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS