写真で巡る自然散策記

私が訪れた四季折々の自然の風景・花の写真を掲載しています。
また、花の開花状況・撮影場所・撮影のヒント等も紹介していますので事前情報としてご愛読ください。
現地で新しい発見を試みてはいかがでしょうか!!。
豊田市 藤の回廊 藤まつり 2017 in 愛知

中部・東海地方の花見スポットより
” 藤まつり ” の様子と開花状況をお届けします。


今日の花見スポットは
愛知県豊田市 ” ふじの回廊 ” 御作町。

この地は
” 九尺藤”・” 紫三尺藤 ”・
” 八重黒滝藤 ”・” シロバナ藤 ” を
自然散策しながら楽しむ事が出来る ” ふじの里 ” です。

毎年5月の上旬には見頃を迎え
それに合わせて ” 藤まつり ” が催されます。

今年は
5月3日から5月7日まで。

出店も出て
お祭り気分も盛り上がります。


〈 マイカーでのアクセス 〉
東海環状自動車道 豊田藤岡インターより20分程

(419号線を北進し33号線を東進)
猿投グリーンロード 中山インターより20分程
(419号線を北進し33号線を東進)



【 藤の状態は 】

” 九尺藤 ” は 満開真近。

” 紫三尺藤 ” は ほぼ満開。
” 八重黒滝藤 ” も ほぼ満開といった状況です。
” シロバナ藤 ” は 未だ蕾の状態です



【 会場の様子です 】

今日は
ゴールデンウイーク最後の日曜日。

園内は多くの花見客で賑わっていました。

地元の皆さんの生活道路なのでしょう
足元は綺麗に舗装されていますので普段靴でも大丈夫。

この祭り期間ばかりは
一部車両は通行止めで祭り優先です。


33号線沿いの駐車場から入ると
” 藤の花 ” 独特の香りが辺りを包んでいます。



” 九尺藤 ” は右手
左手に用水路が流れ
土手の等間隔に ” 尺藤 ” の低木が植えられています。


少し登り傾斜で
石組みの高い位置に棚が設けられています。
藤のカーテンを潜るのではなく見上げる格好になり
何か他所とは違う新鮮味を感じられます。

『 満開真近と言った状況です。』



” 紫三尺藤 ” 
上り坂の先の小学校前から始まります。

先程の ” 九尺藤 ” より
濃い目の紫色で香りも高い様に感じます。

この辺りには出店が立ち並び
食欲をそそる香りが漂い祭り気分が味わえます。

また
校庭にもテントが設営され
産直品の販売も行っていた様です。

ひと際
かき氷の暖簾が目立っていました。

『 ほぼ満開です。』



” 八重黒滝藤 ” は
学校から緩やかな坂を下った休憩所から始まります。

花一つ一つが
モコモコっとしたボリューム感のある品種ですね!!。
より一層濃い色も印象的でした。

『 ほぼ満開です。』


この先も ” 三尺藤 ” が続き
紫色が続く中に白色が所々咲いています。
白いのもなかなか好評ですよ!!。


” シロバナ藤 ” は
更に下ってUターンカーブの先にあります。

遠目に観るとひと際目立つ白い藤棚ですが
近くに寄ってみて皆さんがっかり。

それでも
どんな感じで咲くのか
一部咲いた花を撮って来ましたのでご覧ください。

満開の状態を
是非写真に収めたいものですが・・・。


『 残念!! 蕾の状態です 』


この先には
城ヶ根山への登山道があります。
展望台からの眺望は抜群・急勾配のため足元注意の看板あり。
30分程で登頂出来る様です。


本日の歩行距離 4.5キロ
所要時間    ゆっくりと写真を撮りながら 5時間


【 今後・見頃の時期 】

今シーズンは
一週間程花の開花が遅れていますので
” シロバナ藤 ” の見頃は今週末前後かと思われます。



□□□□□□

2017年5月7日撮影

01 20170507 TZ85_0880 nx2_480_640_50k.JPG
入場して直ぐの ” 九尺藤 ” です

02 20170507 TZ85_0029 nx2_640_480_50k.JPG

” 九尺藤 ” のカーテンです

03 20170507 TZ85_0782 nx2_640_480_50k.JPG
石組みのツツジと ” 九尺藤 ” です

04 20170507 TZ85_0200 nx2_640_480_50k.JPG

” 九尺藤 ” の終端から見下ろした様子です

05 20170507 TZ85_0774 nx2_640_480_50k.JPG
真っ赤なツツジから 
” 九尺藤 ” を見下した様子です

06 20170507 TZ85_0283 nx2_640_480_50k.JPG
小学校前の ” 紫三尺藤 ” の様子です

07 20170507 TZ85_0325 nx2_480_640_50k.JPG
小学校前の
 ” 紫三尺藤 ” の様子です

08 20170507 TZ85_0493 nx2_640_480_50k.JPG
小学校前から下った先の様子です

09 20170507 TZ85_0411 nx2_640_480_50k.JPG
小学校前から下った先 休憩所の藤の様子です

10 20170507 TZ85_0513 nx2-1_640_480_50k.JPG
休憩所の先 
” 八重黒滝藤 ” です

11 20170507 TZ85_0519 nx2_480_640_50k.JPG
” 八重黒滝藤 ” のクローズアップです

12 20170507 TZ85_0585 nx2_640_480_50k.JPG
” シロバナ藤 ” の棚の全景です

13 20170507 TZ85_0589 nx2_480_640_50k.JPG
ツツジが良い仕事をしていますね!!

14 20170507 TZ85_0568 nx2_640_480_50k.JPG

” シロバナ藤 ” の様子です
咲いているかの様に見えますが未だ蕾の状態です


15 20170507 TZ85_0580 nx2_640_480_50k.JPG
クローズアップするとこんな状態の ” シロバナ藤 ” です

16 20170507 TZ85_0582 nx2_640_480_50k.JPG

” シロバナ藤 ”  蕾の様子はこんな感じです


最後までご覧頂き有難うございます。

" シロバナ藤 " の様子は
天候次第になりますが改めてお届けしようと思います。

《 写真素材 》フォトライブラリー
 
 アーティスト Hiro.I

JUGEMテーマ:春の楽しみ


 

| comments(1) | - |
碧南市 広藤園の藤まつり 2017 in 愛知

中部・東海地方の花見スポットより
” 藤まつり ” の様子と開花状況をお届けします。


今日の花見スポットは
愛知県碧南市 ” 広藤園の藤まつり ” です。

会場の説明書きでは
160余年前にこの地の住人が
藤の棚を造って育てたのが由来であると記されています。



毎年
4月中頃から5月上旬まで
” 藤まつり ” が催されます。

今年は
4月15日から5月7日まで。

藤棚の下でお茶会が(4月23日)開かれ
期間中午後9時頃までは雪洞に明かりが灯されます。


〈 マイカーでのアクセス 〉 
国道247号線
明石インターから西進301号線へ
広藤園西バス停前です。(インターから3.2キロ程)

〈 交通機関でのアクセス 〉
名古屋鉄道 三河線 北新川駅より
市内循環くるくるバス 広藤園西(30分程)バス停下車

 


【 藤の状況は 】

満開でとても見頃となっています。


【 園内の様子です 】

園内では
皆さんが縁台とベンチで
棚一面から垂れ下がる藤の下で花見です。

ボリューム満点ですよ。

雪洞がまつりの雰囲気を盛り立てていますが
明かりが灯った会場の雰囲気も味わってみたい物です。

駐車場も直ぐ横で大変便利です。
ご近所の皆さんも多く訪れていましたよ。


写真撮影の際には
ISO感度を上げて撮りましょう。


【 今後・見頃の時期 】

ゴールデンウィーク一杯は十分楽しめると思いますよ。


□□□□□□

2017年5月2日撮影

01 20170502 TZ85_0011 nx2_640_480_50k.JPG
広藤園西バス停前の ” 藤まつり ” 正面入口です

02 20170502 TZ85_0033 nx2_640_480_50k.JPG
会場内の様子です(北方向)

03 20170502 TZ85_0119 nx2_640_480_50k.JPG

会場内の様子です(駐車場のある西方向)

04 20170502 TZ85_0162 nx2_640_480_50k.JPG
会場内の様子です(南方向)

05 20170502 TZ85_0172 nx2_640_480_50k.JPG
会場内の様子です(南方向)

06 20170502 TZ85_0277 nx2_640_480_50k.JPG
会場内の様子です(東方向)

07 20170502 TZ85_0293 nx2_640_480_50k.JPG
会場内の様子です(西方向)

08 20170502 TZ85_0208 nx2_640_480_50k.JPG
” 藤まつり ” 北側の入口です


最後までご覧頂き有難うございます。

ゴールデンウィーク中は

引き続き ” 藤の花 ” の様子をお届けしますのでお楽しみに!!。

 

 

《 写真素材 》フォトライブラリー

    アーティスト Hiro.I

JUGEMテーマ:春の楽しみ

 

| comments(0) | - |
名城公園 藤のトンネル 2017 in愛知

中部・東海地方の花見スポットより
” 藤 ” の様子と開花状況をお届けしています。


今日の花見スポットは
名古屋市北区の ” 名城公園 ” です。

こちらは
名古屋城北側のお堀沿いに
700メートルもの藤棚が続き ” 尺藤 ” と ” 山藤 ” が
市内随一の花見スポットとして親しまれています。



【 藤の花の開花状況は 】

” 尺藤 ” は咲き始め。
” 山藤 ” は満開真近と言った感じです。



【 花の様子 】

藤棚からは
名古屋城の大天守閣を見通す事が出来ます。

桜と名古屋城のコラボは良く観光案内されていますが
少々マイナーな ” 藤の花 ” は穴場的な存在となっています。


特に ” 山藤 ” 系は
開花の早い品種で独特の甘い高貴な香りを放ちます。

そんな中
藤棚のトンネルをそぞろ歩きなんて最高ですよ!!。

咲いている場所は
名古屋城大天守閣の北に位置する運動広場です。

蒲萄の様に房咲きで
大振りな花をしていますので直ぐ分かります。


白色と薄紫色の二種類が咲いています。

お出掛けの際は
まず運動広場の藤からお楽しみください。


続いて ” 尺藤 ” の棚は

名城公園南信号付近の公衆トイレ辺りから
西に伸びています。


” 九尺藤 ” がメインです。

今は咲き始めたばかりで
先が透けて見える状態ですが
満開の藤のカーテントンネルが待ち遠しく思います。


【 見頃の時期予想 】


” 山藤 ” は今月一杯
” 尺藤 ” はゴールデンウィーク一杯
と言う具合になると思われます。


□□□□□□


2017年4月25日撮影

01 20170425 TZ85_0146 nx2_640_480_50k.JPG
名城公園南信号側の ” 九尺藤 ” の様子です

02 20170425 TZ85_0178 nx2_480_640_50k.JPG
名城公園南信号側の ” 九尺藤 ” の様子です

03 20170425 TZ85_0435 nx2_640_480_50k.JPG
名城公園南から少し西進 右手に広場がある位置です

04 20170425 TZ85_0486 nx2_480_640_50k.JPG
更に西進 この先に飛来する野鳥案内のボードがあります

05 20170425 TZ85_0520 nx2_640_480_50k.JPG
運動広場の ” 山藤 ” の様子です
名古屋城大天守閣がこんな感じで見通せます


08 20170425 TZ85_0622 nx2_480_640_50k.JPG
縦アングルで撮ってみました

06 20170425 TZ85_0560 nx2_480_640_50k.JPG
運動広場の ” 山藤 ” の様子です
まだまだ藤棚は続きます


07 20170425 TZ85_0572 nx2_640_480_50k.JPG
運動広場の ” 山藤 ” の様子です

09 20170425 TZ85_0624 nx2_640_480_50k.JPG
運動広場の ” 山藤 ” の様子です

10 20170425 TZ85_0644 nx2_640_480_50k.JPG
運動広場の ” 山藤 ” の様子です

11 20170425 TZ85_0656 nx2_640_480_50k.JPG
運動広場の ” 山藤 ” の様子です
最終コーナー手前からの位置になります


12 20170425 TZ85_0672 nx2_640_480_50k.JPG
運動広場の ” 山藤 ” の様子です
後方の様子を撮ってみました

13 20170425 TZ85_0676 nx2_640_480_50k.JPG
運動公園の藤棚終点位置からの様子です
 

最後までご覧頂きありがとうございます。

” 藤の花 ” の様子は
今後も各地よりお届けしますのでお楽しみに!!。



《 写真素材 》フォトライブラリー

    アーティスト Hiro.I

JUGEMテーマ:春の楽しみ

| comments(0) | - |
鶴舞公園の花菖蒲 2016 in 愛知

今日は名古屋市昭和区の
鶴舞(つるま)公園へ花菖蒲を観に行ってきました。


この時期
90種2万株に及ぶ菖蒲池に水が張られ
紫・黄・白の花菖蒲の花が池一杯に広がります。

また
現在花まつりが期間中です。
3月の桜の時期から
薔薇・花菖蒲・紫陽花の時期6月まで。
季節の花々の見頃時期に合わせて開催されます。


園内の施設は
名古屋市緑化センター、噴水塔、奏楽堂、
広域花壇(薔薇園)、胡蝶ヶ池、秋の池、滝ヶ池、遊具広場 等。

名古屋市緑化センターでは
花にまつわる講習会や各種イベントが行われています。


他施設としては
名古屋市公会堂・テニスコート・ベビーゴルフ場・
鶴舞中央図書館・鶴舞公園陸上競技場・鶴舞公園野球場 等。


明治42年開園以来
100年超しの歴史深い公園です。


【 交通機関でのアクセス 】
JR中央本線 鶴舞(つるまい)駅 
地下鉄 鶴舞線 鶴舞(つるまい)駅
市バス 鶴舞(つるま)公園前・名大病院バス停 等



園内の様子です


JR鶴舞駅前の
公園正門から噴水塔・薔薇園・奏楽堂・
胡蝶ヶ池を経て菖蒲池を目指します。


薔薇園前の日陰には
ベンチが沢山設置されています。
皆さん休日の一日をゆったり過ごされています。

お子さん連れのファミリーは
世話に大わらわで大変そうでしたが・・・。


菖蒲池に到着です。

菖蒲池の前では
お茶会が開かれており結構賑わっていました。


あずまやのある一番大きな池は
ほぼ咲き揃って見頃と言った状況です。

一本松の木の脇にある小さな黄菖蒲の池も
咲き揃って見頃と言った状況です。

奥の細長い池も
ほぼ咲き揃って見頃と言った状況です。

滝ヶ池手前の池は
咲いていない部分が目立っています。


花菖蒲園は全体的に
見頃と言った状況で皆さん満足していた様です。

当園の花菖蒲は
咲き始めたばかりなのでもう暫く楽しめそうです。


紫陽花も咲き始め
こちらは満開の時期が楽しみです。
あじさいの遊歩道がメインの鑑賞ポイントとなります。


□□□□□□□

2016年5月29日撮影



あずまやのある一番大きな池の様子です
左側にあずまやがあります 白の花が多い西エリアです


あずまやのある一番大きな池の様子です
東エリアは白い花が程よく混じっています



あずまやのある一番大きな池の様子です


あずまやのある一番大きな池の様子です
南側の出入り口です



あずまやのある一番大きな池の様子です


あずまやのある一番大きな池の様子です


あずまやのある一番大きな池の様子です


あずまやのある一番大きな池の様子です


あずまやのある一番大きな池の様子です
八橋から観た方面の様子です



一本松の木の脇にある小さな黄菖蒲の池の様子です


南側の細長い池の様子です
紫陽花がぽつりぽつりと咲き出しました



あじさいの遊歩道から菖蒲池北方面の様子です
紅白の幕内は茶会の会場になります



滝ヶ池のすぐ下の菖蒲池の様子です


最後までご覧戴きありがとうございました。


《 写真素材 》 フォトライブラリー
写真・素材をお探しの方はこちらからお立ち寄り下さい。
アーティスト名 Hiro.I

http://www.photolibrary.jp/profile/artist_271735_1.html

JUGEMテーマ:
| comments(0) | - |
八橋かきつばた園 2016 in 愛知

今日は、
知立市の無量寿寺
 ” 八橋かきつばた園 ” に行ってきました。


アクセスは
車では、伊勢湾岸道 豊田南ICより10分程です。
公共交通機関では、名鉄三河八橋駅から徒歩8分程です。



昨日より天気も回復し
今日は行楽日和の五月晴れ。

季節の花
” かきつばた ” を求めて車を走らせました。

今日は平日
駐車場は無料でした。

既に入口側の駐車スペースは一杯で
奥のスペースに止め無量寿寺に向かいます。


まずは〚 出入口右手の池 〛
日向の部分の花は残り半分
日陰はちょうど見頃と言った状況です。

続いて〚 茶室前の池 〛
ここは日当たりの良い場所です。
見栄えの良い花は数本と言った状況です。


次の望みは〚 歌碑・像のある池 〛
こちらも日当たりの良い場所で
八橋を渡り真近に花を楽しめます。
寺の中では一番大きな池が繋がり
売店・休憩所が2か所あります。

今日は売店で
” 月見うどん ” を美味しく頂きました。

花は残り3割程度と言った状況です。


最後に〚 本堂北側の池 〛
こちらは低い位置に
小さな池が幾つか繋がっており
比較的日陰が多い場所になります。

花はこちらも
残り3割程度と言った状況です。



全体的に
花の状況は ’ 終わり真近 ’ と言った状況です。

また
来年に期待をしましょう。


見栄えの良い花を選んで撮りましたのでご覧下さい。

□□□□□□□

2016年5月13日撮影




無量寿寺 かきつばた園入口です


出入口右手の池 元気な花を撮りました


茶室手前の池です


茶室前の池です


歌碑・像のある池の様子です 
満開の時は紫の花で一杯になるんでしょうね



歌碑・像のある池の様子です


歌碑・像のある池の様子です


本堂北側の池の様子です 
満開の時はさぞかし素敵なのでしょうね



本堂北側の池の様子です 
奥の建物は売店・休憩所になります


最後までご覧戴きありがとうございました。


《 写真素材 》 フォトライブラリー
写真・素材をお探しの方はこちらからお立ち寄り下さい。
アーティスト名 Hiro.I

http://www.photolibrary.jp/profile/artist_271735_1.html

JUGEMテーマ:

| comments(0) | - |
南木曽 天白公園のミツバツツジ 2016 in 長野

今日は
長野県南木曽町の天白公園へ 
”ミツバツツジ ” の大群生を観に行って来ました。


ここは
JR中央本線の南木曽駅の西側に位置し
公園の高台には400株ものミツバツツジが花を咲かせます。

園内は
真近で花を観られる様小径が整備されており
”ツツジに囲まれた花の楽園”と言った感じです。


駅からも近い事から電車利用で
ハイキングを兼ね多くの行楽客が訪れる人気のスポットです。


17日迄は
” なぎそミツバツツジ祭り ” も開催中で
売店・産直品・苗木の販売 等々でもてなしをしてくれます。



【 車でのアクセス 】
中央自動車道中津川インターより 
R19号を北上すること約25キロです。

【 交通機関でのアクセス 】
JR中央本線 南木曽駅より 
徒歩10分と案内されています。
木曽川に架かる”桃介橋”を渡って行きます。


帰りには
近隣14キロ内の
妻籠・馬篭宿に立ち寄って
宿場町をそぞろ歩きするのもお勧めですよ。


私は昨年一昨年と
機会を逃していましたが
今年は何とか念願が叶い車を走らせました。

昨日迄の雨による
足元のコンデションが気掛かりでしたが・・・。



それでは今日の様子をお伝えいたします。

R19号線の
三留野大橋を渡り直ぐ右手が駐車場で
” みつばツツジまつり ” のピンクの幟が目印です。


駐車場で身支度を済ませ
3日ぶりの爽やかな好天の中を散策開始です。

ただ風が非常に強く
突風に負けじと先に進みます。


車道沿いに少し上って行きますが
左手の川沿いと 右手の斜面に背の低いミツバツツジが続きます。

桜も名所なのでしょう
突風で桜吹雪があちらこちらで舞っています。


右カーブを登り切ると仮設トイレがあり
左手の小山がミツバツツジの群生地になります。


最初に向かったのは展望台。
販売所の直ぐ横(公園の東側)にあり
大島桜が植わっている見晴らしの良い場所です。


ここからは
中央アルプスが展望できます。
説明書きによると”木曽駒ヶ岳””中岳””三ノ沢岳”等々
ツツジ園の小径からも望められますがポイントは後程。



そして園内へ

暫く広場辺りの写真を撮りましたが
ここは巨大な岩石で自然の庭を演出しているのでしょうか。
結構インパクトのある面構えです。

ベンチ後ろの階段から
小径に入って北側の東屋に向かいます。

ここはツツジのトンネルが続き中々です。


正面の階段を横切り
少し上った所に東屋があります。
ツツジに周りを囲まれた見晴らしの良い所で
4人程が腰かけられるスペースです。

遠くには木曽駒ケ岳の中央アルプス連峰が望めます。
ここが中央アルプスが望める2つ目のポイントになります。


東屋を西進
直ぐ車道に出ます。

一番北の端で右に下ると園の前に戻れますが
左のなだらかな車道を上って行きます。
位置的には最西地点になります。

園の小径を下りて行きます。
坂の途中に
中央アルプスが望める3つ目のポイントがあります。


坂を下り分岐点を左に進みます。
中央の階段迄の間に
中央アルプスが望める4つ目のポイントがあります。


続いて
園の南側の広場に向かいます。
今日のスタート地点に戻り
小径を進むと開けた空間に出ます。
その先がテーブルベンチのある広場になります。

全体にツツジが眺められ
日陰も多いので一休みするには最適なスペースに思えます。

また
桜の花見シーズンも一番人気のスペースだと思われます。
展望台の大島桜の下も人気がありそうですね。


ここで一息付き
次は”桃介橋”へと向かいます。

駐車場手前から
橋の塔が正面に観えます。
中央アルプスが望める5つ目のポイントです。

橋の中程には
河川公園への階段があります。
結構急な階段ですが下りてみました。

ドウダンツツジと花桃が咲いています。
強風の中で鯉のぼりも絡まりあって暴れていました。

スポーツが楽しめる広いグラウンドの様です。
グラウンドゴルフ? ホールがありましたよ。


そろそろ帰りの予定時刻が迫って来ましたので
急な階段に息を挙げながら・・・。


櫓のある駐車場の東屋も
中央アルプスが望める6つ目のポイントです。


中央アルプスと言っても一部の山並みですから
写真を見てがっかりしないで下さいね。


花の状況は
満開のピークを少し過ぎた感じです。
場所によっては未だ蕾の多い木も沢山あります。


ツツジ祭りは17日迄ですが
以降でも天候次第では未だ楽しめそうですよ。



【 撮影のポイント 】

正面広場からの全景
展望台( 朝早いと逆光になります )
全てのツツジの小径
北の東屋
南の広場
中央アルプスのビューポイント6か所
駐車場付近からの桃介橋


□□□□□□□

2016年4月15日撮影



駐車場より中津川方面です 
手前は花桃と渡ってきた三留野大橋になります



駐車場脇のミツバツツジです 
未だ蕾が殆どの木でした



一段上の駐車場より 
ミツバツツジと桃介橋です



川沿いに続く背の低いミツバツツジです 
駐車場方向の下り道の様子です



仮設トイレの向かい側の斜面です
ここからミツバツツジの群生が始まります



売店横の展望台より JR南木曽駅方向です 右上の白いのは大島桜です
朝一番は逆光の為撮ってませんけど 1つ目の中央アルプス展望ポイントです 




公園正面の様子です


テーブルベンチ後方の小径の中です 


こんな小径を散策しながらミツバツツジが観られます


園内中央階段の左手の様子です


北側の東屋の様子です 花に囲まれた楽園です
2つ目の中央アルプス展望ポイントです 


東屋から山里の景色と南アルプスを撮ってみました
中央の山が木曽駒ヶ岳の様です。



東屋から車道に出て南に向かいます 
ミツバツツジ並木が綺麗です



車道から園内南広場に向かう途中 東屋方向に連山が
3つ目の中央アルプス展望ポイントです



せっかくなのでアップで撮ってみました 
飴細工の様な光沢で綺麗です



園内の小径から見下ろす景色も最高です


園内南広場の分岐を中央階段方向に進みます
4つ目の中央アルプス展望ポイントです



南側公園広場の中の様子です
桜の木もあって花見に最高のポジションかも



駐車場脇より桃介橋の塔が見えます
5つ目の中央アルプス展望ポイントです
左から木曽駒ヶ岳 中岳 一番右が三ノ沢岳と思われます



桃介橋を渡ってみました


河川公園に下りて撮りました 
花桃と鯉のぼり 上は桃介橋です



一段上の駐車場から撮りました
6つ目の中央アルプス展望ポイントです


他にも良いポイントがあるかも知れません
歩き回って探してみて下さい。


最後までご覧戴きありがとうございました。


《 写真素材 》 フォトライブラリー
写真・素材をお探しの方はこちらからお立ち寄り下さい。
アーティスト名 Hiro.I

http://www.photolibrary.jp/profile/artist_271735_1.html

JUGEMテーマ:
| comments(0) | - |
知立公園の花しょうぶ園 2015 in 愛知

今日は、
”知立市にある知立公園の  ”花しょうぶ園 ”に行ってきました。


 

今年で2度目になりますが、

例年になく花々の生育が早いので状況把握を兼ねての訪問です。
 

ここは、知立神社を挟んで

花しょうぶ園西公園と、花しょうぶ園東公園があります。

メインの西公園には、売店とトイレがあり、
東公園は、R155号線側に位置します。

 

アクセス

車では、R155号線上の知立神社南の信号を目指して下さい。

( カーナビ検索では、知立神社で案内がありました )

公共交通機関では、名鉄知立駅から徒歩10分程との事です。
 

25日からは、
花しょうぶまつりが開催され夜間照明も燈されます。

今日は、まつり前日とあって
見物客より準備に追われるスタッフの方々が目立ちました。

 

庭園風の園内には、
あずまや・ベンチが設置され、池には十分な水量があります。

 

また、池と池を渡り歩く事が出来、色々なアングルで楽しめます。

そこで気になるのが、人の往来って事になるでしょう。

じっと待ち続けるか、望遠レンズを使って避すかの選択ですね。


 

【 花しょうぶ開花状況 】私の主観です!

2分から3分咲きと思います。

今日の花数は、少ないですが元気一杯で新鮮さを感じました。


 

『 ワンポイントアドバイス 』

出来るだけ風の無い日を選びましょう ( 花の撮影には風が最大の敵になります )
十分な保水対策を心がけましょう( 熱中症対策 )
望遠レンズで背景をぼかしましょう( 人混み対策 )



2015年5月24日撮影


20150524-1

西公園 花しょうぶ園入口です 毎年沢山のイベントが開催されています

20150524-2

西公園 売店南側の様子です 芭蕉の句碑があります

20150524-3

西公園 北方向の様子です 東は知立神社です

20150524-4

西公園 南西方向の様子です

20150524-5

西公園 藤棚付近から南西方向の様子です

20150524-6

西公園 園南側から北方向の様子です

20150524-7

西公園 園中央を流れる水路です

20150524-8

西公園 南西側の園入口です

20150524-9

西公園 ぽつりぽつりと咲いています

20150524-10

西公園 ぽつりぽつりと咲いています

20150524-11

西公園 開花したての花です

20150524-12

西公園 大ぶりの花です 他とは品種が違うのでしょうか

20150524-13

西公園 黄・白・青とカラフルに仕上がっています

20150524-14

東公園 園東方向の様子です 
西公園よりも開花が進んでいます 奥の高架道路はR155号線です

20150524-15

東公園 咲き始めたばかりの花の様です

20150524-16

東公園 元気で綺麗な花をみつけました




撮影最後までご覧いただきありがとうございました。


< 写真素材 > フォトライブラリー
写真・素材をお探しのほうはこちらからお立ち寄り下さい。
アーティスト名 Hiro.I
http://www.photolibrary.jp/profile/artist_271735_1.html

JUGEMテーマ:
| comments(0) | - |
尾張津島 藤まつり 2015 in 愛知

今日は、
愛知県津島市の天王川公園 ” 尾張津島 藤まつり ” に行ってきました。

 


 

 

アクセスは

車では、弥富インターからR155で15分程です。

電車では、名鉄津島線の津島駅から徒歩15分から20分程です。
 

 

 

今日は、ゆったり電車での訪問です。
 

 

 

公園に到着し

丸池に浮かぶ中之島に渡ると藤棚が一つあります。

60センチ程あろうか、枝垂れ藤の花が幾重にも下がっており、
丸池に移りこむ情景が絵になります。

 

 

次に、メインの藤棚に向かいます。

池の周りが砂地になっており、結構砂埃が気になりますが
藤棚のエリアは綺麗に整備されており散策も快適です。

 

 

 

藤棚には、びっしり藤の花が垂れ下がり、花のカーテンが続きます。

花の色も、紫、ピンク、白と様々です。

紫、ピンクは元気に咲いていますが、白の花は殆んど萎れてしまっていました。

白の花は、早咲きなのでしょうか。
 

 

 

二つ目の、架け橋の手前にある茶店の辺りに高台があります。

上の位置から撮るのも良いアングルですよ。
 

 

 

何処から観ても絵になりますので、

ベストポジションがなかなか絞りきれませんが、気にせず写真を撮り続けました。
 

 

 

一通り藤を観た後に、

川べりの遊歩道を一周し、本日の天王川公園の散策を終えました。
 

 

 

天気は良好で、日差しが強く暑い気候でしたが

藤棚の中に入っていると、日差しも避けられ結構快適なひとときでした。
 

 

また、舟遊びも出来ますので是非訪れてみて下さい。

藤まつりは、5月6日 ( 水 ) 迄です。



2015年5月2日


20150502-1

中之島の藤棚 紫の花です

20150502-2

メインの藤棚 紫の花です

20150502-3

メインの藤棚 紫の花です

20150502-4

メインの藤棚 紫の花です

20150502-5

メインの藤棚 紫の花です 高い位置から撮ってみました

20150502-6

メインの藤棚 紫の花です

20150502-7

メインの藤棚 薄いピンクの花です

20150502-8

メインの藤棚 濃いピンクの花です

20150502-9

メインの藤棚 紫の花です

20150502-10

メインの藤棚 躑躅との共演です
 



撮影最後までご覧いただきありがとうございました。


< 写真素材 > フォトライブラリー
写真・素材をお探しのほうはこちらからお立ち寄り下さい。
アーティスト名 Hiro.I
http://www.photolibrary.jp/profile/artist_271735_1.html

JUGEMテーマ:

| comments(0) | - |
いなべ市梅林公園の梅 2015 in 三重

今日は、
三重県いなべ市にある梅の名所の梅林公園(農業公園)を訪れました。
 

 

ここは、観賞用の花梅の木が植樹された庭園エリアと、
広大な敷地に実を収穫する梅林エリアがあります。 
 

今月31日迄4500本もの梅 ” 梅まつり ” が開催され、
4月下旬から5月上旬に開催される ” ぼたんまつり ” に並び
東海地区最大級で盛況だと聞きます。


 

 

アクセス情報としては、

東名阪の桑名インターから、いなべ市方面に北上する事
おおよそ50分と案内されています。


 

入園料は、

小学生以下は無料で、大人は500円

コンビニでは前売り券が400円で購入できます。( 期日限定付き ) 


 

駐車場は、

無料で広いから助かります

 

 

今日は10時頃まで薄日が差す曇り空

以降、会場の上空は快晴の天気に恵まれた中での散策となりました。



 

梅の状態は、ほぼ満開で ’ まさに今が見頃 ' といった所です。

ただ、残念なのが雪景色を纏った山の姿がくっきり観られなかった事です。
 

また、来年に期待をします。

 


 

【 本日の散策順路 】

 

駐車場がスタート・ゴール地点

駐車場横の展望台

直売所前

梅園東側の山斜面

梅林エリア

梅園エリア

直売所前

 


 

 

期待を胸に

朝早くからカーナビに ” いなべ市農業公園の電話番号 ” をセットし出発。

梅まつりの、のぼりを目印にし迷わず会場に到着する事ができました。

 


 

まずは、高台から全景を眺めようと駐車場横の階段を上り展望台へ。

ここからは、全体の梅の木の位置関係が良く分りました。

快晴の日は、雪化粧した山の眺めが素晴らしい事でしょう。


 

 

続いて、直売所の前から、梅園のおおよその広さを確認しておきました。

階段下に、水路が引かれ両サイドに枝垂れ梅が植樹されています。

ここは、左手から太陽が昇りますので、光量を利用してキラキラの梅が撮れそうです。


 

 

次に、梅園の東側の山の斜面

人が少ない内に、今回のメインポイントへ向かいました。

ここからは、梅園のあづまやを入れて、梅園全貌を撮る事が出来る絶好のポイントです。

また、奥の雪化粧した山を入れると季節感溢れる作品になると思います。

あと、来場者が少ない時間帯に人を避けて撮るのが良いでしょう。


 

参考までに、

空の部分をカットしたい場合は、手前の電線が邪魔になりますので

焦点距離100ミリ以上のレンズがベストだと思います。

逆に空を大きく取り込み、広角レンズで電線を目立たせない様にする

工夫も有効と思います。


 

 

次に向かったのは、梅林エリアです

ここは、日当たりと風通し重視なのでしょうか、

梅の木が等間隔に植えられ高さも均等に整えられている様です。

しかも、広大な斜面に植樹されていますので、

見通しも良く立体感もあり見応えのあるエリアでした。

歩道(本来は、手入れと収穫の為の車道なんでしょう)も舗装され、

雨上がりでも安心して散策できます。

若干アップダウンはありますが、良い運動になります。


 

 

最後のポイントの梅園に向かいます

梅園に降りる階段脇には、休憩所(展望所?)があります。

ここから見下ろす梅園も良い眺めでした。

 

 

こうしてみると、この梅園は随分低い位置にある事に気付きます。

駐車場から、数m階段を降りると直売所エリア。

直売所エリアから、また数m階段を降りた所に梅園エリアがあります。

この梅園エリアから、今度は数m階段を上ると隣の梅林エリアになります。


 

周りから、見下ろす風景を楽しめる様に設計されたのでしょう。


 

梅園の中に下り立つと、そこは人人人で大盛況です。

梅の写真を撮りたいのですが、どうしてもポートレート写真になってしまいます。

園内を8割程度観て回り、駐車場へと引き揚げました。


 


 

【 花のビューポイント 】

駐車場横の展望台から公園全貌

梅園東側の山斜面から眼下の梅園

梅林の歩道から植樹された膨大な数の実梅の木

梅林側の休憩所 ( 展望所 ) から眼下の梅園

梅園の中の散策路から鑑賞

 

 



2015年3月22日撮影


20150322-01

駐車場横の展望台より この半分程のスペースが左手にも有ります


20150322-02

駐車場横の展望台より 手前が梅園 奥が梅林 建物は直売所とトイレ


20150322-03

直売所のエリアから梅園を観下ろす 薄日が差す天気です


20150322-04

直売所のエリアから梅園を観下ろす 薄日が差す天気です


20150322-06

西側の山の斜面より梅園の全貌 電線が邪魔ですね 時々日が差し込みます


20150322-07

西側の山の斜面より梅園のあずまや周りを切り取りました


20150322-08

梅林エリアを西へ下り坂になります 左端の舗装道路です


20150322-10

梅林エリアを西へこの辺りは登り坂になります 梅の大整列です


20150322-11

梅林エリアを西へこの辺りは登り坂になります 梅の大整列です


20150322-13

梅林エリアの中央を東へ 北の方向になります


20150322-14

梅林エリアの休憩所(展望所?)より 梅園を観下ろす


20150322-15

梅林エリアの休憩所(展望所?)より 梅園を観下ろす


20150322-16

梅園の中では人を避けると、こんな写真になります


20150322-17

梅園の中では人を避けると、こんな写真になります


20150322-18

梅園の水路 枝垂れ桜が見事ですね


20150322-19

階段を上り直売所のエリアから梅園を観下ろす 朝と違い天気は快晴です


20150322-20

駐車場の脇にも見事な梅が植樹されています

 

最後までご覧戴きありがとうございました。


《 写真素材 》 フォトライブラリー
写真・素材をお探しの方はこちらからお立ち寄り下さい。
アーティスト名 Hiro.I
http://www.photolibrary.jp/profile/artist_271735_1.html

JUGEMテーマ:
| comments(0) | - |
page top   
1 / 1 pages

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
Search this site.
NEW ENTRIES
CATEGORIES
PROFILE
RSS/ATOM
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS