写真で巡る自然散策記

私が訪れた四季折々の自然の風景・花の写真を掲載しています。
また、花の開花状況・撮影場所・撮影のヒント等も紹介していますので事前情報としてご愛読ください。
現地で新しい発見を試みてはいかがでしょうか!!。
迎春 亥年 2019 in JAPAN


2019年 年賀480_640_R50.JPG

本年も
四季折々の旬の情報をお届けしますので
是非お楽しみください。



《 写真素材 》 フォトライブラリー
写真・素材をお探しの方は こちら 
をご覧ください。
アーティスト名 Hiro.I

| comments(0) | - |
DAINAGOYA GOLD CHRISTMAS 2018 in 愛知

中部・東海地方の

イルミネーション情報をお届けします。

今日お届けするのは

名古屋駅前の ” 大名古屋ビルヂング ”
スカイガーデンのクリスマス イルミネーションです。

ビルは
平成の大施工を経て
2016年3月にリニューアルオープン。

名古屋初出店の店舗が多いと評判です。


正面右手(北)から
[JPタワー
名古屋(KITTE 名古屋)]
[JRゲートタワー]
[セントラルタワーズ] が一望出来ます。


5階スカイガーデンでは
高層ビルの谷間に光輝くオアシスが出現します。

この高層ビルを背景にして
光輝くオアシスを撮ってみては如何ですか。

また
ガラス越しのショップから
ドリンクとスイーツを楽しみながら
イルミネーションを眺めるのもお勧めですよ。

冷えた体を温めながら
二度楽しめるのも嬉しいですね。


今日の
日中は陽も十分に差し込み
暖かな気候でしたが今は生憎の曇天。

夜遅くには
雨が降るとの予報で湿度が高いのでしょう
ビルがシャープに撮れず・・・。


ビルを出て
街中のイルミネーションを観ながら [栄町] へ。

[笹島] 信号交差点
[柳橋] 信号交差点

北と南の角に
イルミネーションが飾られており
道行く人々の注目を浴びています。

信号待ちの際には
思わずスマホで連写してしまう様ですね。

街路樹の並木も
オレンジ・レッド・ブルーと光り輝き
華やかさを演出しています。


[納屋橋] から
堀川沿いを眺めているとポツポツと雨が。

急ぎ足で地下街に逃げ込みます。

暫く待っても
止み様にないので
今日はここまでとします。



□□□□□□□


2018年12月21日撮影

01 AOI_0121 nx2480_640_R50.JPG
DAINAGOYA GOLG CHRISTMAS 2018

02 AOI_0139 nx2640_480_R50.JPG

DAINAGOYA GOLG CHRISTMAS 2018

03 AOI_0172 nx2640_480_R50.JPG
DAINAGOYA GOLG CHRISTMAS 2018

04 AOI_0178 nx2 nx2640_480_R50.JPG
DAINAGOYA GOLG CHRISTMAS 2018

05 AOI_0094 nx2480_640_R50.JPG
DAINAGOYA GOLG CHRISTMAS 2018

06 AOI_0109 nx2480_640_R50.JPG
DAINAGOYA GOLG CHRISTMAS 2018

07 AOI_0199 nx2480_640_R50.JPG
名古屋駅前の様子です

08 AOI_0220 nx2640_480_R50.JPG
ミッドランドスクエア付近より 名古屋駅ロータリー方面の様子です

09 20081221 LMX_0002 nx2640_480_R50.JPG
「笹島交差点」 北東角の様子です

10 20081221 LMX_0007 nx2640_480_R50.JPG

「笹島交差点」 南東角の様子です

11 20081221 LMX_0008 nx2640_480_R50.JPG
「柳橋交差点」 北西角の様子です

12 20081221 LMX_0012 nx2640_480_R50.JPG

「柳橋交差点」 南西角の様子です

13 20081221 LMX_0019 nx2640_480_R50.JPG

[納屋橋] 堀川沿いの様子です

最後までご覧頂きありがとうございました。

イルミネーションの様子は
各地よりこれからもお届けしますのでお楽しみに。

《 写真素材 》 フォトライブラリー
写真・素材をお探しの方は こちら 
をご覧ください。
アーティスト名 Hiro.I

| comments(0) | - |
名古屋城 プロジェクションマッピング 2018 in 愛知

中部地方の

イルミネーション情報をお届けします。


今日お届けするのは

愛知県名古屋市の ” 名古屋城 ” 。

12月16日(日)まで開催される
” NIGHT CASTLE OWARI EDO FANTASIA ” の様子です。

尾張徳川の時代を舞台に
当時の風情を優美に伝えるプロジェクトマッピング。

見せ場は
[ 表二之門内 ] 葵の家紋とイベントタイトルでワクワク感を演出
[ 本丸御殿玄関 ] 竹林豹虎図に描かれている虎がお出迎え
[ 本丸・本丸御殿の壁 ] 江戸時代の風情が映し出されフィナーレ


開催期間
12月1日(土)〜12月16日(日)
18:00〜20:30(21:00閉門)

観覧料金
1,200円

詳しくは
名古屋城公式ウェブサイトでご確認ください。



今日の様子です。

17:40
名古屋城東門に到着

チケット売り場(仮設)は長蛇の列。
数百人は並んでいたかと思われます。

初日は1,000人待ちだったとか。

なので
コンビニで当日チケットを
購入しておいたほうが無難ですね。

私は
前日に購入していたのでスムーズに入門。

門を潜った藤棚付近で開演時間待ち。

初詣の入場規制待ちの様な感じで

ここにも百人超しの待ち列が。


(18:00)
ようやく動き始めましたが
城内の通路は人で数珠繋ぎ状態です。

お子様連れの方は
特にご注意くださいね!。

二の丸広場辺りでは
葵の家紋入りの足元提灯を売る仮設売店があります。

光源はLEDなのでしょうか
凄く明るくて売れ行きも上々の様です。


その先では
名古屋提灯と名古屋友禅がコラボした
友禅灯篭の温かい灯りが来場者をお出迎え。

徐々に期待感が増して来ます。


会場は直ぐ先です (18:05)


順路は
[ 友禅灯篭 ] を楽しみ

[ 表二之門 ]
[ 本丸御殿の玄関 ] 
[ 本丸 ] の映像鑑賞となります。が

混雑を予測し

[ 表二之門 ] と [ 本丸御殿玄関 ] は後回し。

まずは [ 本丸 ] のメイン
本丸御殿の南側に陣取り鑑賞です。


マッピング映像は
1ショット数分で繰り返し映し出されます。

鳥が広い壁面を飛び交い

襖が順に開き浮世絵芸者・町人らが登場

派手な花火に赤い花びらの吹雪

武士が白馬に跨り駆けて行きます
(初代藩主の義直ですかね?)

派手なカラーバリエーション


襖の向こうに皆が戻って行き THE END!!


(18:45)
メインの [ 本丸 ] を後にして

[ 本丸御殿の玄関 ] へ向かいます。

ここの主役は
玄関一杯に映し出される大きな虎で
近くから観られるので写真も鮮明に撮れますよ。


続いて [ 表二之門 ]
こちらでは
イベントタイトルと葵の家紋が映し出され
イベントの始まりが告げられます。



皆さん鑑賞マナーも優良。
特に目立ったトラブルもなく楽しむ事が出来ました。


金シャチ横丁 ” 宗春ゾーン ” では
記念撮影・御食事なども楽しめますよ。




【 お出掛け前に 】

・東門のみからの入場となります。

・現地のチケット売り場は
 大行列のためコンビニでの事前購入をお勧めします。

・時間帯をずらして訪れると良いと思います。
 (今宵の場合19:30時点で大行列はなくなっていました)

・表二之門へ向かう途中の右側には
 足元提灯の売店があるので通路の左側を通るとスムーズに進めます。

・鑑賞はメインの本丸に直行するのが良いでしょう。
 各コーナー毎の皆さんの鑑賞時間(滞在時間)
 (表二之門では2〜3分程)
   (本丸御殿玄関では5分程)
   (メインの本丸では30分以上動きがありませんね)
     どんどん人が増えて来ますよ!。


【 ちょっとアドバイス (写真) 】

・映像が動いているので
 シャッタースピードは速めが鉄則。

・高感度ISO設定で。

 (機種によりノイズに注意)

・できるだけ明るいレンズで絞りは解放ですね。

・できるだけ広角側のポジションで。

・動きの遅い瞬間を狙って撮るか
 動画撮影して切り出し編集するかですね。


 

 

□□□□□□□

2018年12月5日撮影


01 20181205 LMX_00723 nx2640_480_R50.JPG
金シャチ横丁 宗春ゾーンの様子

02 20181205 LMX_00733 nx2640_480_R50.JPG
金シャチ横丁 宗春ゾーンの様子

03 20181205 LMX_00706 nx2480_640_R50.JPG
友禅灯篭
名古屋提灯と名古屋友禅のコラボ

04 20181205 LMX_00718 nx2480_640_R50.JPG
友禅灯篭の灯り
名古屋提灯と名古屋友禅のコラボ

05 AOH_0449 nx2640_480_R50.JPG
[ 表二之門 ] 前の様子です

06 AOH_0434 nx2640_480_R50.JPG
[ 表二之門 ] イベントタイトルです

07 AOH_0407 nx2640_480_R50.JPG
[ 表二之門 ] 葵の家紋です

08 AOH_0398 nx2640_480_R50.JPG
[ 本丸御殿玄関 ] 葵の行灯と虎

09 AOH_0386 nx2640_480_R50.JPG
[ 本丸御殿玄関 ] 迫力がある虎です

AOH_0268 nx2640_480_R50.JPG
[ 本丸 ] メインの本丸御殿外壁に映し出された映像です

AOH_0017 nx2640_480_R50.JPG
[ 本丸 ] メインの本丸御殿外壁に映し出された映像です

AOH_0092 nx2640_480_R50.JPG
[ 本丸 ] メインの本丸御殿外壁に映し出された映像です

AOH_0197 nx2640_480_R50.JPG
[ 本丸 ] メインの本丸御殿外壁に映し出された映像です

AOH_0250 nx2640_480_R50.JPG
[ 本丸 ] メインの本丸御殿外壁に映し出された映像です

AOH_0305 nx2480_640_R50.JPG
[ 本丸 ] メインの本丸御殿外壁に映し出された映像です

AOH_0282 nx2640_480_R50.JPG
[ 本丸 ] メインの本丸御殿外壁に映し出された映像です

AOH_0233 nx2640_480_R50.JPG
[ 本丸 ] メインの本丸御殿外壁に映し出された映像です

AOH_0263 nx2640_480_R50.JPG
[ 本丸 ] メインの本丸御殿外壁に映し出された映像です

AOH_0102 nx2640_480_R50.JPG
[ 本丸 ] メインの本丸御殿外壁に映し出された映像です

AOH_0098 nx2640_480_R50.JPG
[ 本丸 ] メインの本丸御殿外壁に映し出された映像です

AOH_0107 nx2640_480_R50.JPG
[ 本丸 ] メインの本丸御殿外壁に映し出された映像です

AOH_0145 nx2640_480_R50.JPG
[ 本丸 ] メインの本丸御殿外壁に映し出された映像です

AOH_0062 nx2640_480_R50.JPG

[ 本丸 ] メインの本丸御殿外壁に映し出された映像です


最後までご覧頂きありがとうございました。

これからも
各地のイルミネーションの様子を
お届けしますのでお楽しみに。

《 写真素材 》 フォトライブラリー
写真・素材をお探しの方は こちら 
をご覧ください。
アーティスト名 Hiro.I

| comments(0) | - |
紅葉情報 名古屋城 2018 in 愛知

中部・東海地方の紅葉スポットより
紅葉状況をお伝えします。


今日お届けする紅葉スポットは
名古屋市中区の ” 名古屋城  ” です。

【 鑑賞ポイント 】
[ 金シャチ横丁 宗春ゾーン ]
[ 二之丸庭園 ] ” 二之丸茶亭 ” 周りと  [ 二之丸東庭園 ] 。
[ 大手馬出跡 ] の土手で真っ赤な ” もみじ ” を満喫。


早速今日の様子です。


[ 金シャチ横丁 ] 宗春ゾーン

地下鉄名城線「 市役所駅 」7番出口。

飲食店が立ち並ぶ所々に
” もみじ ” が『 見頃 』となっています。


[ 二之丸東庭園 ]

東門から入城し直ぐを右に
椿園を横目に西石垣の土手へ向かいます。

春は ” 桜 ”
夏は ” 紫陽花 ”
秋は ” もみじ ” が見事に観られるポイントです。

ここは
私のお気に入りのポイントで
花の時期には来城時にまず最初に駆け付けます。

緑・黄・赤の ” 三色もみじ ” も残っていますが
殆んどが真っ赤に色付いて『見頃ピーク』と言った状況です。


続いて
[ 二之丸庭園 ] エリアへ

茶庭北側の大木は『 見頃ピーク過ぎ 』
水鉢前の ” もみじ ” は残念ながら『 落葉 』
西側は『 見頃ピーク 』を迎えています。
南東側は『青葉』〜『見頃ピーク』でグラデーションが綺麗。


[ 大手馬出跡 ] の土手エリア

” 清正像 ” の先
” きしめん亭 ” の横に階段があります。

これを上り土手の上を散策します。
土手の右手に陽を浴びた ” もみじ ” が真っ赤.。

土手の左側 ( 空堀 ) は
桜の絶好の花見ポイントにもなっています。



今日は
この4か所の様子をお届けしましたが
大天守の北側 [ 天守礎石 ] から [ 御深井丸展示館 ] の間にも
見所がありますのでお見逃しなく。

 


□□□□□□□


2018年12月5日撮影


20181205 LMX_00008 nx2480_640_R50.JPG
金シャチ横丁 宗春ゾーンの様子です『見頃ピーク』

20181205 LMX_00029 nx2480_640_R50.JPG

金シャチ横丁 宗春ゾーンの様子です『見頃ピーク』
日没後ライトアップされます


20181205 LMX_00043 nx2480_640_R50.JPG
[ 金シャチ横丁 ] 宗春ゾーンの様子です『見頃ピーク』

20181205 LMX_00091 nx2640_480_R50.JPG
[ 二之丸東庭園 ] の様子です『見頃ピーク』

20181205 LMX_00103 nx2640_480_R50.JPG
[ 二之丸東庭園 ] の様子です『見頃ピーク』

20181205 LMX_00127 nx2480_640_R50.JPG
[ 二之丸東庭園 ] の様子です『見頃ピーク』

20181205 LMX_00184 nx2640_480_R50.JPG
[ 二之丸東庭園 ] の様子です『見頃ピーク』

20181205 LMX_00193 nx2480_640_R50.JPG
[ 二之丸東庭園 ] の様子です『見頃ピーク』

20181205 LMX_00198 nx2640_480_R50.JPG
[ 二之丸東庭園 ] の正月桜です

20181205 LMX_00223 nx2640_480_R50.JPG
[ 二之丸庭園 ] の様子です『見頃ピーク過ぎ』

20181205 LMX_00259 nx2480_640_R50.JPG
[ 二之丸庭園 ] の様子です『見頃ピーク過ぎ』

20181205 LMX_00262 nx2640_480_R50.JPG
[ 二之丸庭園 ] の様子です『見頃ピーク過ぎ』

20181205 LMX_00346 nx2640_480_R50.JPG
[ 二之丸庭園 ] の様子です『見頃ピーク』

20181205 LMX_00367 nx2640_480_R50.JPG
[ 二之丸庭園 ] の様子です『見頃ピーク過ぎ』

20181205 LMX_00393 nx2640_480_R50.JPG
[ 二之丸庭園 ] の様子です『青葉』〜『見頃ピーク』

20181205 LMX_00428 nx2640_480_R50.JPG
[ 二之丸庭園 ] の様子です『見頃ピーク』

20181205 LMX_00438 nx2480_640_R50.JPG
[ 二之丸庭園 ] の様子です『青葉』〜『見頃』

20181205 LMX_00453 nx2640_480_R50.JPG
[ 二之丸庭園 ] の様子です『青葉』〜『見頃』

20181205 LMX_00578 nx2640_480_R50.JPG
[ 大手馬出跡 ] 土手の様子です『見頃ピーク』

20181205 LMX_00602 nx2640_480_R50.JPG
[ 大手馬出跡 ] 土手の様子です『見頃ピーク』

20181205 LMX_00620 nx2640_480_R50.JPG
[ 大手馬出跡 ] 土手の様子です『見頃ピーク』

20181205 LMX_00646 nx2480_640_R50.JPG
[ 大手馬出跡 ] 土手の様子です『見頃ピーク』

20181205 LMX_00664 nx2480_640_R50.JPG
[ 大手馬出跡 ] 土手の様子です『見頃ピーク』

20181205 LMX_00676 nx2640_480_R50.JPG
[ 大手馬出跡 ] 土手の様子です『見頃ピーク』


昨年の ” 紅葉 ” の様子は
 
こちら をご覧ください。

最後までご覧頂きありがとうございました。

《 写真素材 》 フォトライブラリー
写真・素材をお探しの方は こちら 
をご覧ください。
アーティスト名 Hiro.I

JUGEMテーマ:紅葉

| comments(0) | - |
第71回名古屋城菊花大会・菊人形展示 2018 in 愛知

中部・東海地方の
菊花風情をお届けします。



この時期全国各地で
” 菊花展 ” が大々的に催されております。

こちら名古屋市中区の ” 名古屋城 ” でも
” 名古屋城菊花大会・菊人形展示 ” を開催しています。

今回で
71回目の開催です。

【 期間 】
10月28日(日)〜11月23日(金)

【 会場 】
名古屋城 城内
・西之丸広場
 大輪の菊や菊の盆栽を数百点展示。
 菊で装飾造形された田舎風情のミニチュアを展示。
・正門
 ” 義直 ” と ” 春姫 ” の菊人形を展示。
・東門
 ” 宗春 ” 
の菊人形を展示。


今日の様子

天候も良く
青空にミニチュアモデルが良く映えます。

茅葺き屋根の合掌造りと

大天守を一緒に撮ってみてください。

昔々の日本の風情が
伝わって来る様な感覚を受けます。

この

ミニチュアモデルは
海外ツアーの団体さんにも好評の様です。


また
次回開催を楽しみにしています。



□□□□□□

2018年11月18日撮影


20181118 LMX_00765 nx2640_480_R50.jpg
西之丸エリアで開催中の ” 菊花大会 ”

20181118 LMX_00762640_480_R50.jpg
西之丸エリアで開催中の ” 菊花大会 ”

20181118 LMX_00655 nx2640_480_R50.jpg
西之丸エリアで開催中の ” 菊造形 ”

20181118 LMX_00698 nx2640_480_R50.jpg
西之丸エリアで開催中の ” 菊造形 ”

20181118 LMX_00657 nx2480_640_R50.jpg
西之丸エリアで開催中の ” 菊造形 ”

20181118 LMX_00750 nx2480_640_R50.jpg
西之丸エリアで開催中の ” 菊造形 ”

20181118 LMX_00733 nx2-sf640_480_R50.jpg
西之丸エリアで開催中の ” 菊造形 ”

20181118 LMX_00758 nx2640_480_R50.jpg
正門側の菊人形 ” 義直 ” と ” 春姫 ”

20181118 LMX_00821 nx2480_640_R50.jpg
東門側の菊人形 牛に跨る ” 宗春 ”


最後までご覧頂きありがとうございます。

昨年2017年の様子は こちら をご覧ください。
 

《 写真素材 》 フォトライブラリー

写真・素材をお探しの方は こちら をご覧ください。

JUGEMテーマ:

| comments(0) | - |
紅葉情報 岩屋堂公園 紅葉・ライトアップ 2018 in 愛知

中部・東海地方の紅葉スポットより
現地の紅葉状況をお届けします。


今日お届けする紅葉スポットは
愛知県瀬戸市の ” 岩屋堂公園 ” です。

11月10日(土)〜18日(日)までは
 ライトアップが催されています。
 時間は17:30〜21:00



春は ” 桜 ” の名所
夏には ” 天然プール ” での水遊び
秋は ” 紅葉 ” の名所
グリーンシーズンは ” ハイキング ” 。


一年を通して
行楽客が多く訪れる
里山の中の自然公園の様ですね。



《 マイカーでのアクセス 》
東海環状自動車道「せと品野IC」を出て左折
R248号線「品野町6」の信号を左折し約1
(臨時駐車場よりシャトルバスの運行あり)


《 公共交通機関でのアクセス 》
【ライトアップ期間中】
名鉄瀬戸線 「尾張瀬戸駅」より 臨時直行バス
 (30分程)



今日の様子です

10時前に駐車場へ到着。

入り口には
” 岩屋堂 ” と記された碑がお出迎え。


街道の様な風情の道を進むと
苔ぶいた欄干の橋に出会い田舎情緒を感じさせられます。

うなぎ屋さんの前の広場には
陶器で作られたランプシェードが並び
日没と同時に足元を照らします。

ここで分かれ道。

左へ進むと [暁明ヶ滝] 方面
直進すると [岩屋堂][岩巣山展望台][瀬戸大滝] です。


まず
メインの会場となる
[もみじ橋] へ向かいます。

ゆっくり歩き数分で到着。

橋の前には
数件のお店が建ち並びます。

おでん・おだんご・甘酒・ぜんざい・うどん等々

時は11時
早めの昼食をと
” うどん ” に ” おだんご ” を美味しく頂きました。


11時20分
いざ! 散策開始。


お店前の川沿い・[もみじ橋] から
水面に映る ” 逆さもみじ ” は格別です。

今日は風もなく
水面ではくっきり ” 逆さもみじ ” が観られ
『見頃ピーク』となっています。


ライトアップを
待ち遠しく思いながら先に進みます。


橋を渡り [もみじの広場] へ

木々が重なり合う事もなく
適度な間隔でもみじが植えられています。

こちらも
『見頃ピーク』。

ベンチも設けられていますので
一休みには打って付けです。

しかし
写真を撮る側からすると少々・・・。

できるだけ
人が映り込まない様に気を配ります。


この先に
紅葉情報紙によく載っている
[紅橋] があります。

橋上よりも
[もみじの広場] からの景色が良いですよ。

” もみじ ” と [紅橋] を
是非撮ってみては如何でしょう!!。

こちらは
丁度『見頃』と言った様子です。


夏になると
この橋下の川は ” 天然のプール ” となり
お子ちゃまで連日大混雑となります。

ファミリー受け間違いなしですね。


時は12時20分
[紅橋] を渡り更に奥へと進みます。

途中
[かじか橋] を過ぎると
[岩巣山展望台540m][大滝200m] の道標が現れます。

ここも直進

川沿いに進み [大滝] へ向かいます。

この辺りは『見頃ピーク』ですね。

時は13時
紅葉を楽しみながら進むと [大滝] が現れます。


階段を上って行くと
” あずまや ” があり休憩が出来ます。

この周囲は
” もみじ ” が多く『見頃ピーク』です。

ここからは

[瀬戸大滝] と大きく記された岩と滝が観られ
記念写真に好都合のポイントですね。

時は13時30分


続いて
[岩巣山] の展望台へ。

来た道を戻り

[岩巣山展望台540m][大滝200m] の
道標がある
登山口から上り始めます。

道中は
足場が悪いので健脚向きのコースですね。

石積の階段が造られている所もありますが
ほぼ自然の段を上る事になります。

この段差も半端なく
裕に50cmを超える所も少なくありません。

登山口には
注意喚起の標が設置されてありますので
トライする前にご確認を!!。


こちらのコースを
下山に使う時は最新の注意が必要ですよ!!。

途中
[白岩の里] 3.9 /1時間45分
の道標が立てられた分岐点に到着。

時は
12時54分。

どんな所か興味津々ですが
足を延ばし過ぎると遭難しそうなので
今日は断念しこのまま頂上を目指します。


ゆっくり登って来て45分程。

[岩巣山] 山頂に到着です。

標高は480.54m

天気が良いと名古屋の高層ビル群も見渡せるとか。

山肌に迫り出した岩場から

遠くの山並みを暫く眺めながら体力を充電。

展望台では
” 岩巣山展望台からの眺望 ” として写真で
左から[瀬戸デジタルタワー]・[東山タワー]・
[金山総合駅]・[名古屋ドーム]・[名古屋駅] が紹介されています。


滞在は25分程。


下山は
[岩屋堂] 方面へのコースを使い
所要時間は25分程。

こちらのコースは
急階段や滑りやすい箇所があるものの
比較的手も加えられており安心です。

しかし
服装・特に足元は
ハイキングに適した準備が必要ですね。


登山口にある
神社に着いたのは15時。

神社辺りは半日蔭なのでしょう
1つ1つの葉は新鮮で真っ赤に紅葉しています。

『見頃』でとても綺麗です。



続に向かうのは
[岩屋堂] の洞と 
[暁明ヶ滝] 。

岩の上に巨大な岩が重なり
そこには結構広い洞が出来ています。

この公園のシンボルなんでしょうね。



この奥に
[暁明ヶ滝] があり
紅葉より ” 緑葉 ” と ” 逆さ滝 ” が見事です。



時は
15時30分

[もみじ橋] へ戻る途中
” オオカミバーガー ” のメニューを出すお店で
このダブルサイズと ” アーモンドオレ ” を美味しく頂きました。


瀬戸ブタ100%のミートで
肉のごろごろ感とボリューム満点で大満足です。


[もみじ橋] に戻り
” ぜんざい ” を食べながら
点灯時間の17時30分を待ちます。


時は
16時30分
[ビューポイント] と書かれた
看板の階段下に降りると数人が陣取っています。

皆さん一様に
[もみじ橋] に向かってレンズを向けていますので
直ぐ撮影ポイントが分かります。

また
今年のライトアップの
案内チラシに写真が載っていますので
そこからも
撮影ポイントが分かりますよね。

準備をしていると
ライトが点灯されました。

辺りの明るい内はパッとしませんが
暗くなるに連れて ” もみじ ” が浮び上がってきます。

風も殆んどなく
水面に映る ” 逆さもみじ ” が輝きを帯びて
まさに水鏡と言った状況が生み出されます。

この頃になると

あちこちからシャッター音が鳴り響きます。


次は [もみじ橋] へ

橋上からは先程の階段下方向が綺麗ですね。
川の両サイドに ” もみじ ” が輝きます。


続いて
[もみじの広場][紅橋] へ
足を運びましたが
ここぞと言うポイントが見つからず・・・。


[紅橋] を渡り
川沿いを歩きます。

こちらからも
” 逆さもみじ ” を観る事が出来ますが
手前の ” もみじ ” を避けなければならないので
ズームを駆使して撮り歩きです。

売店の前に到着。

時は18時前


今日最後の
エリア [
暁明ヶ滝] に向かいます

日中の様子とは打って変わり
青・黄の色彩が相まって渾身の一枚が撮れました。



駐車場に戻る道筋
陶器のキャンドル広場で締めの写真を。


時は
18時40分

[岩屋堂公園] を後にし​帰路に付きました。

今日はここまでです。



【公園内・付近の見所】
・駐車場周りの紅葉

・陶器製の ” キャンドルライト ”
・[もみじ橋] 周辺の水面に映る紅葉

・[もみじの広場] 紅葉の森
・[紅橋] 川辺と周辺の紅葉
・[瀬戸大滝] 川沿いと滝周りの紅葉
・[岩巣山] 展望台よりの山並みと山里風景
・[神社] 赤い鳥居と紅葉
・[岩屋堂] 天然岩の大きな洞
・[暁明ヶ滝] 逆さ滝 等々盛り沢山です。


【逆さ紅葉が綺麗に観られるポイント】
・階段下から [もみじ橋] 方
・[もみじ橋] 周辺から階段下と売店方向
・売店側の通りから川向うの [もみじの広場] 方向


【 お出掛け前に 】
・ライトアップだけの場合は
 臨時バス・シャトルバスのご利用が安心です。
・時間帯と場所により
 陽の当たり方が随分違うので
 お目当てを決めておいた方が良いでしょう。
・展望台一度は登って山並みや山里を眺めるのも良いでしょう。
 服装・足元は十分配慮してくださいね。

 注意喚起の案内も厳守しましょう!!。


今日の状況は『見頃のピーク』で綺麗でしたが
欲を言うと『見頃間近』〜『見頃』の紅葉を観たかったものです。



□□□□□□

2018年11月16日撮影


20181116 LMX_0059 nx2480_640_R50.jpg
公園入口に建つ[岩屋堂] の碑です

20181116 LMX_0063 nx2640_480_R50.jpg
碑の後ろ側はこんな様子になっています

20181116 LMX_0069 nx2640_480_R50.jpg
この情緒ある路を行くとメイン会場に辿り着きます

20181116 LMX_0072 nx2480_640_R50.jpg
道中『見頃』となっている ” もみじ ” を一枚

20181116 LMX_0081 nx2480_640_R50.jpg
苔生した橋の欄干に落ちたモミジの葉

20181116 LMX_0100 nx2640_480_R50.jpg
陶器製のキャンドルランプが並ぶ広場の様子です

20181116 LMX_0122 nx2640_480_R50.jpg
[もみじ橋] へ向かう通りの様子です

20181116 LMX_0133 nx2640_480_R50.jpg
[もみじ橋] 前に立ち並ぶ売店の様子です

20181116 LMX_0167 nx2640_480_R50.jpg
[もみじ橋] 周りの様子です

20181116 LMX_0185 nx2640_480_R50.jpg
[もみじ橋] 周りの様子です

20181116 LMX_0198 nx2640_480_R50.jpg
[もみじの広場] 周りの様子です この先に [紅橋] があります

20181116 LMX_0220 nx2640_480_R50.jpg
[もみじの広場] より [紅橋] 周りの様子です
夏場にはここが ” 天然プール ” に早代わりします


20181116 LMX_0240 nx2640_480_R50.jpg
[もみじの広場] より下流の様子です
夏場にはここが ” 天然プール ” に早代わりします

20181116 LMX_0302 nx2480_640_R50.jpg
[紅橋] 辺りは陽が届くと艶やかに輝きます。

20181116 LMX_0343 nx2640_480_R50.jpg
[瀬戸大滝] へ向かう道中の様子です

20181116 LMX_0373 nx2640_480_R50.jpg
[瀬戸大滝] 前に佇む ” あずまや ” 辺りの様子です

20181116 LMX_0434 nx2480_640_R50.JPG
[瀬戸大滝] の様子です

20181116 LMX_0422 nx2480_640_R50.jpg
[瀬戸大滝] の様子です

20181116 LMX_0505 nx2640_480_R50.JPG
[岩巣山] 山頂への山道の様子です
この様な道なき道を登らないといけない箇所もあります


20181116 LMX_0508 nx2640_480_R50.JPG
[岩巣山] 山頂への山道の様子です
寄れかかった木々の隙間を登らないといけない箇所もあります


20181116 LMX_0511 nx2640_480_R50.JPG
[岩巣山] 山頂への山道の様子です 
裕に50cm以上の高さの段も随所にあります 

20181116 LMX_0526 nx2640_480_R50.jpg
山肌から迫り出した巨大岩より遥か彼方を望みます

20181116 LMX_0567 nx2640_480_R50.jpg
[岩巣山] 展望台より [もみじ橋] 周辺の様子が見下ろせます

20181116 LMX_0609 nx2640_480_R50.jpg
[岩屋堂] 方面の山道を使って下って行来ます

20181116 LMX_0640 nx2640_480_R50.jpg
山道を下りきった所の鳥居と ” もみじ ” の様子です。

20181116 LMX_0665 nx2640_480_R50.jpg
[岩屋堂] の洞の様子です 

20181116 LMX_0667 nx2480_640_R50.jpg
 [暁明ヶ滝] 日中の様子です

20181116 LMX_0707 nx2640_480_R50.jpg
[岩屋堂] の洞よりメイン道路方向の様子です

AOC_0041 nx2640_480_R50.jpg
階段下のビューポイントより [もみじ橋] 方向の様子です

AOC_0121 nx2640_480_R50.jpg
[もみじ橋] より階段下方向の様子です

AOC_0178 nx2480_640_R50.jpg
[紅橋] より下流方向の様子です

AOC_0221 nx2640_480_R50.jpg
売店側より [もみじ橋] 方向の様子です

AOC_0358 nx2640_480_R50.jpg
 [暁明ヶ滝] ライトアップの様子です

AOC_0382 nx2640_480_R50.jpg
陶器製のキャンドルライトが紅葉の足元に点々と続きます

最後までご覧頂きありがとうございます。

今後も各地より
紅葉の様子をお届けしますのでお楽しみに。


《 写真素材 》 フォトライブラリー

写真・素材をお探しの方は こちら をご覧ください。

JUGEMテーマ:紅葉

| comments(0) | - |
名古屋テレビ塔 Sky Waking 2018 in 愛知

中部・東海地方の

テーマパークよりお届けします。


今日お届けするのは

名古屋市中区栄のシンボルタワー。

” 名古屋テレビ塔 ” (Nagoya TV Tower) です。



普段はエレベーターで
90m付近のスカイデッキへ直行。

しかし
土日祝日は別の楽しみ方があります。

3階のチケット売り場で
” スカイウォーキング ” をと申し出ると
階段通路の入り口を案内してくれます。

券売機の右側ドア
(エレベーターの左手) なんですけどね!。


今日は
数十年ぶりに Sky Woking に挑戦です。


安全の為全面金網で覆われいますが
けこみ板がない階段なので向こうが丸見え。

傾斜が結構ありますので
手摺りを頼りに上って行きます。

所々
階段の踊り場に開いた小さな穴から・・・。

さらに
通路のグレーチングの隙間からも下界の様子が丸見え。

また
高度が高くなるに連れて風向きが複雑になり
足元から風が巻き上げられ・・・。

女性方々は
くれぐれもご注意くださいね!!。
急勾配の階段にも!!。

また
ある高度に達すると空気が一変
この風も加わってスリルが助長させます。


周りのビルよりも

高い位置を散歩なんて滅多に出来ませんよね。

皆さんも
一度体感してみては如何ですか。


来年1月からは
耐震補強工事が始まるので計画はお早めに!


【 お出掛け前に 】

・手摺りを伝って転倒防止
・物は落とさない様に注意を
・下りに利用する時は最新の注意が必要ですね
・すれ違いには譲り合いを


【ちょっとアドバイス】

・レンズ径の小さい
 コンパクトカメラを網目にくっ付けで撮るのがベスト。
・ズーム機能を使って網が映り込まない様に調整してください。
・階段の足元から向こうのビル群が良く見通せます。
 名古屋駅の高層ビル群は絵になりますよ
・踊り場の小さな穴に
 カメラを向けると地上の様子が覗けます。
・通路のグレーチングの隙間からも
地上の様子が覗けます。
・塔の大きな鉄骨の枠組は結構迫力があります。
・北側のパークに映る塔の影も必見です。
 (塔足元の花時計も一緒に)


 

□□□□□□

2018年11月10日撮影


20181111 LMX_0007 nx2640_480_R50.jpg
セントラルパークからの ” 名古屋テレビ塔 ” の様子です

20181111 LMX_0014 nx2480_640_R50.jpg
セントラルパークからの ” 名古屋テレビ塔 ” の様子です

20181111 LMX_0034 nx2640_480_R50.jpg
” 名古屋テレビ塔 ” (東方向)
4階パークバンケットから外階段を半周した地点の様子です


20181111 LMX_0040 nx2640_480_R50.jpg
” 名古屋テレビ塔 ”(西方向)4階パークバンケットの直ぐ上
この時点で西側通りのビルの高さに並びました

20181111 LMX_0046 nx2640_480_R50.jpg
” 名古屋テレビ塔 ”(北方向)
セントラルパーク北エリア 木々が多く憩いの場になっています


20181111 LMX_0058 nx2480_640_R50.jpg
” 名古屋テレビ塔 ” (南方向)
セントラルパーク南エリア 商業施設の中心になっています

20181111 LMX_0066 nx2640_480_R50.jpg
” 名古屋テレビ塔 ” (南東方向)オアシス21 [ 水の宇宙船 ] の様子です

20181111 LMX_0105 nx2480_640_R50.jpg
” 名古屋テレビ塔 ” (西下方向)

20181111 LMX_0122 nx2640_480_R50.jpg
” 名古屋テレビ塔 ” (東方向)
この辺りから空気が一変 足が竦むような感覚を覚えます


20181111 LMX_0132 nx2640_480_R50.jpg
” 名古屋テレビ塔 ” ( 南下方向)
踊り場にあいた小さな穴を通して観た地上の様子です

20181111 LMX_0134 nx2480_640_R50.jpg
” 名古屋テレビ塔 ” (西方向)
遠くには [ 名古屋駅高層ビル群 ] が観られますし
足元のグレーチングからは地上の様子が観られます


20181111 LMX_0198 nx2640_480_R50.jpg
” 名古屋テレビ塔 ” (西方向)遠く [ 名古屋駅高層ビル群 ] の様子です

20181111 LMX_0210 nx2640_480_R50.jpg
” 名古屋テレビ塔 ” (北東方向)[ 名古屋城 大天守] の様子です

20181111 LMX_0237 nx2640_480_R50.jpg

” 名古屋テレビ塔 ”(東方向)左奥には [ 名古屋ドーム ] が見えますよ

20181111 LMX_0262 nx2480_640_R50.jpg
” 名古屋テレビ塔 ” (北方向)
[ セントラルブリッジ ] に沿って塔の影がまっすぐ伸びています


20181111 LMX_0295 nx2480_640_R50.jpg
” 名古屋テレビ塔 ” (西方向)
[名古屋駅高層ビル群] がくっきり見られます


20181111 LMX_0296 nx2640_480_R50.jpg
” 名古屋テレビ塔 ” (南方向)栄の商業施設の中心地です

20181111 LMX_0463 nx2640_480_R50.jpg
” 名古屋テレビ塔 ” スカイバルコニーよりの展望(高度100m 西方向)
高度100m上での吹き付ける風と360度の展望が新感覚です


20181111 LMX_0470 nx2640_480_R50.jpg
” 名古屋テレビ塔 ” (高度100m 北西方向)
スカイバルコニーよりの [ 名古屋城 大天守 ] の様子です

 

最後までご覧頂きありがとうございます。

《 写真素材 》 フォトライブラリー

写真・素材をお探しの方は こちら をご覧ください。

| comments(0) | - |
東区制110周年 なごやかまつり・ひがし 2018 in 愛知

中部・東海地方の
祭り風情をお届けします。

今日は
名古屋市東区の
” なごやかまつり・ひがし ” の様子です。


東区は
今年で区制110周年を迎え

10年に一度の ” 宵の山車揃え ” が行われます。

5車の ” からくり山車 ” が勢揃いし 
からくり披露と提灯を燈した山車の曳き出しが見物です。

会場は

東区役所の西隣にある
[建中寺公園] と [建中寺境内]の2か所。

日中のもてなしは
模擬店・キッチンカー・体験コーナー等。

夜は

提灯で飾られた山車の曳き出し。

大人も
ちびっ子も一日中楽しめます。



《 公共交通機関でのアクセス 》
地下鉄桜通線 「車道駅」下車 (徒歩10分程)
市バス「東区役所」「山口町」
下車 (徒歩10分程)



今日の様子です

午後3時の
” 山車揃え ” に合わせ [建中寺] に到着。

公園内の模擬店は終わっており
撤収作業をする出展者がちらほら。

公園先の歩道は
かなりの混雑でなかなか前に進めない状況です。

そんな中
山車が一車づつ
建中寺前に集まり
からくりを披露して行きます。

しかし
近づいて来る山車には少々不可解な部分が。

山車の屋根がやけに低過ぎるのです。

直ぐに疑問は解けました。

曳き出しで山車が電線に干渉しない様
からくりの屋根が昇降するのです。

特殊装備付の
近代山車なんですね!。


からくり披露を終えると
別のプログラムが始まります。

16時45分の ” 灯入れ ” までの待ち時間を利用し
徳川園の庭園を散策しようと徒歩で向かいます。

園は
” 名古屋まつり ” の恩恵を受け入園無料。

園内は国内外からの来園者で大賑わい。

紅葉の時期は
行列が出来る程人気のあるスポットですが
” もみじ ” は青葉が旺盛に茂っており当分お預けです。


境内に戻ったのは17時前
山車に提灯が飾られ ” 火入れ ” が行われていました。

徐々に辺りも暗くなり
提灯の明かりが程よく赤みがかって来た頃
山車からくりの披露が始まりました。

この頃には
境内の中は身動きが出来ない程の混雑状態。

早々に人を掻き分け人混みから脱出し
公園側のキッチンカーコーナーへ。

キッチンカーは2台。

和牛チーズバーガーを

公園のベンチで美味しく頂きました。


夜の部のメイン
18時10分からの
” 曳き出し ” を歩道上で待ち構えます。

境内から
1車づつ山車が眼の前を通り
全ての山車を見送った後追っかけです。

山車は
東区役所の交差点を南へ
東消防署を通過
東警察署の交差点を西進し
公園の南側迄練り歩き参拝します。

順に参拝しますが
山車は待ち行列で途中立ち止まり笛と太鼓を奏でます。

この時が
最も接近して見られるチャンスの到来です。

次回10年後
訪れる方はこのタイミングをお見逃しなく。



今宵の祭り気分はここまでです。


□□□□□□

2018年10月21日撮影


20181021 LMX_0008 nx2_640 480 50KB.JPG
建中寺公園  ” 山車の曳き出し ” の参拝場所になっています

20181021 LMX_0010 nx2_640 480 50KB.JPG
公園を通り抜けると ” 建中寺 ” です
この境内から ” 山車の曳き出し ” が始まります


20181021 LMX_0023 nx2_480 640 50KB.JPG
[建中寺] に向かいからくりを披露します

20181021 LMX_0034 nx2_480 640 50KB.JPG

[建中寺] に向かいからくりを披露します
屋根の高さに注視し見比べてみてくださいね


20181021 LMX_0065 nx2_640 480 50KB.JPG
[建中寺] 前でからくりを披露です

20181021 LMX_0107 nx2_640 480 50KB.JPG
[建中寺] 前でからくりを披露です

20181021 LMX_0112 nx2_640 480 50KB.JPG
[建中寺] 前で ” 山車揃え ” です

20181021 LMX_0221 nx2_640 480 50KB.JPG
[建中寺境内] 提灯に火入れ後からくりが披露されます

20181021 LMX_0228 nx2_640 480 50KB.JPG
[建中寺境内] 提灯に火入れ後からくりが披露されます

AOB_0006 nx2_640 480 50KB.JPG
[建中寺境内] 提灯に火入れ後からくりが披露されます

AOB_0279 nx2_640 480 50KB.JPG
建中寺公園前で参拝の順番待ちです

AOB_0294 nx2_480 640 50KB.JPG

建中寺公園前で参拝の順番待ちです


最後までご覧頂きありがとうございます。

今後も各地より
祭りの様子をお届けしますのでお楽しみに。


《 写真素材 》 フォトライブラリー

写真・素材をお探しの方は こちら をご覧ください。

| comments(0) | - |
「フライト・オブ・ドリームズ」セントレア国際空港 2018 in 愛知

中部・東海地方の

テーマパークの情報をお届けします。

今日お届けするのは


10月12日(金)にオープンした
「フライト・オブ・ドリームズ」


愛知県常滑市空港島

” セントレア中部国際空港 ” に完成し
県下のテーマパークの1つに仲間入りです


空港アクセスプラザの南方別棟。

1階フライトパークでは
” ボーイング787 ” の1号機を展示公開。

2階・3階のシアトルテラスには

ボーイング社地元のシアトルグルメ店が初上陸。

スペシャルイベントは
ボーイング787のコックピット見学と
プロジェクションマッピング・フライトシュミレター・
映像と音響の体験コーナー等々

一日たっぷり楽しめますよ。



〈公共交通機関でのアクセス〉
名古屋鉄道 常滑・空港線 中部国際空港駅下車。

〈マイカーでのアクセス〉
知多半島道路 半田中央JCT経由で
セントレア東ICへ。



 

製造業と輸出の町 ” 愛知 ”。

航空宇宙産業の物造りも盛んで
当787旅客機の30%もの部品を供給しています。

航空宇宙産業に力を注ぐ愛知
ならではのテーマパークと言えるでしょう。



セントレア国際空港は
これからも進化して行く様です。

LCC専用新ターミナル・
愛知県国際展示場・
新しい駐車場の建設が着々と進められています。



 

今日は
2・3階の
シアトルテラスからの様子をお届けします。


 

正午過ぎ
名鉄 ” 中部国際空港駅 ” に到着。

まずは
4階フロアーの ” ちょうちん横丁 ” へ

[純米酒専門YATA] 
珍しい銘柄が楽しめる立ち飲みのお店で

チーズを肴に5銘柄を美味しく頂きました。
好みに合った銘柄も勧めてくれますよ。

続いて
[柿安柿次郎] 
” 黒毛和牛の牛めし ” と
” 牛鍋弁当 ” をテイクアウト用として予約。


いよいよ本日お目当ての
「フライト・オブ・ドリームズ」へ向かいます。


2階のアクセスプラザに戻り

オートウォークでP1駐車場方面へ。

車でお越しの方は
駐車場直結なので大変便利ですね。

館内に入ると
シックなホールに
特産品がデイスプレイされた売店が並びます。


この先が
2階の
シアトルテラスです。

最初に眼に留まったのは
テラス席まで大きく迫り出した787の主翼。

意外に
細っそりしてシャープな翼。

シアトルテラスの
店舗は大変明るくアメリカンスタイルですね。

広告塔も
赤・黄・緑・オレンジ色とポップな感じです。



時刻は午後2時。

2階・3階の
グルメショップの様子を一回り。

ステーキ・イタリアン・寿司・ラーメン・
スナック・スイーツ等のショップが並びます。

各店舗は
ランチタイムも一段落つき
スナック・スイーツを買い求める客が殆んどで
1階を見下ろせるテラスでスナックを楽しんでいます。


そんな中

[寿司 Shiro Kashiba]
シアトルで寿司文化を広めたお店。
冷酒とさしみを美味しく頂きました。
粗塩で食べる ” しめ鯖 ” と
甘めの味付けの ” アナゴ ” が絶品です。



一息着いた所で
フロアー前方からの眺めを楽しもうと
機体の前方方向に進みます。

ここからは
ノーズとエンジンタービンが眼の前。



時刻は午後3時

今日のメインは

「フライト・オブ・ドリームズ」。

されど
オードブルのつもりの飲食がメインとなり

じっくりと観る事が出来ず心残りではありますが
予約時間が来たので当館を離れ ” ちょうちん横丁 ” へ。


弁当を受け取った後
3階出発ロビーの ” 銘品館 ” に立ち寄り

[不朽園] の最中を買って帰路に。

ここの最中の粒あんはとても濃厚で
一粒一粒小豆の触感が良く昔から大ファンです。

 


1階フライトパークからの様子は
別の機会にまた紹介したいと思います。

 

 

【撮影について一言】
1階フロアーは薄暗いのでISO感度は高めで。
プロッジェクションマッピングは外せませんね。
1階はフラッシュ・三脚・自撮り棒等の利用はご遠慮下さいとの事。

 

□□□□□□□

2018年10月17日撮影

 

20181017 LMX_0229 nx2_640 480 50KB.JPG
名古屋駅から乗車してきた列車です

20181017 LMX_0240 nx2_640 480 50KB.JPG
3階国内線出発ロビーでお見送りする忍者達

20181017 LMX_0243 nx2_640 480 50KB.JPG
3階出発ロビーに設置された ” 岐阜城 ” の広告です

20181017 LMX_0253 nx2_640 480 50KB.JPG
3階出発ロビーに設置された ” 岐阜長良川鵜飼 ” の広告です

20181017 LMX_0257 nx2_640 480 50KB.JPG
4階スカイタウンに到着です

20181017 LMX_0279 nx2_640 480 50KB.JPG
スカイデッキより  貨物機でしょうかタイヤが沢山付いています

20181017 LMX_0289 nx2_640 480 50KB.JPG
オートウォークで「フライト・オブ・ドリームズ」に向かいます

20181017 LMX_0292 nx2_640 480 50KB.JPG
「フライト・オブ・ドリームズ」が見えて来ました

20181017 LMX_0305 nx2_640 480 50KB.JPG
「フライト・オブ・ドリームズ」のシックなホール

20181017 LMX_0312 nx2_640 480 50KB.JPG
2階シアトルテラス後方からの様子です

20181017 LMX_0313 nx2_640 480 50KB.JPG
3階シアトルテラス後方からの様子です

20181017 LMX_0332 nx2_640 480 50KB.JPG
3階シアトルテラス後方からの様子です

20181017 LMX_0339 nx2_640 480 50KB.JPG
3階シアトルテラス後方からの様子です

20181017 LMX_0347 nx2_640 480 50KB.JPG
2階シアトルテラス後方からの様子です

20181017 LMX_0349 nx2_640 480 50KB.JPG
2階シアトルテラス [寿司 Shiro Kashiba] 

20181017 LMX_0352 nx2_640 480 50KB.JPG
2階シアトルテラス後方からの様子です

20181017 LMX_0355 nx2_640 480 50KB.JPG
2階シアトルテラス前方からの様子です

20181017 LMX_0357 nx2_640 480 50KB.JPG
3階シアトルテラス前方からの様子です


最後までご覧頂きありがとうございました。

2016年のセントレアの様子は こちら をご覧ください。

《 写真素材 》 フォトライブラリー
写真・素材をお探しの方は こちら 
をご覧ください。
アーティスト名 Hiro.I

| comments(0) | - |
名古屋城本丸御殿「竹林豹虎図」襖絵特別展示公開 2018 in 愛知

中部・東海地方の観光スポットより
” 名古屋城 ” の様子をお届けします。

現在名古屋城では
” 秋まつり ” を開催しており
文化財の特別公開、
ステージイベント、ご当地グルメ等で
お越しの皆さんを ” おもてなし ” しております。

11月25日(日)まで。



その中でも今日のお目当ては
国指定重要文化財に登録されている「竹林豹虎図」襖絵。

展示場所は
本丸御殿消失前の当時に誂えられていた場所で
[玄関一之間] の東側と [玄関二之間] の西側になります。

各4面づつで
計8面の公開です。

通常は
模写された襖絵がはめられていますが
期間中は現存する当時の
「竹林豹虎図」襖絵を
間近に観る事が出来ます。


10月22日(月)まで。



また
” 秋まつり ” 期間中のイベント


〜11月25日(日)
[西南隅櫓]・[東南隅櫓]・[北西隅櫓] の
3櫓も特別公開しており櫓から眺める城内も見物です。


10月20日(土)〜21日(日)
10月27日(土)〜28日(日)
[金シャチ横丁] にて ” 秋華宗春祭 ”。
東海地方の地酒が勢揃いする様です。

10月28日(月)〜11月23日(金)

[西之丸広場] にて ” 名古屋城菊花大会 ”。
盆栽菊・一輪大菊・造形菊・菊人形等が展示されます。

他にも
武将隊・工芸体験・音楽祭 等
客層を問わず様々なイベントが目白押しです。

21日(日)には
東京ディズニーシー® の
「ジェラトーニワゴン」が観られる様ですよ!。


詳しくは
名古屋城 ” 秋まつり ”
〈イベント〉のホームページをご確認ください。




今日の様子

今日の名古屋は
初秋の快晴で最高気温は23度の予想。

開門は9時ですが
結構の列が出来ていました。


入城し
早速本丸御殿へ直行です。

展示場所の玄関の間は
微かな照明だけではめ込まれた襖絵は
ガラスの枠で囲われています。

金箔の襖に描かれた
豹虎が睨み付ける表情と
現代までに残る色合いが間近に鑑賞出来ました。

何度見ても圧倒されますが
描かれている豹虎の睨みが可愛らしくも観えます。

何度機会があっても
写真に収めるには難しいですね!!。

そこで
【撮影時の一言アドバイス】
本丸御殿内はフラッシュ撮影は禁止です。
できるだけISO感度を上げてシャッタースピードを確保しましょう。
こちらがガラスに映り込まない角度を探しましょう。
PLフィルターも効果的ですが露出アンダーにご注意を!!。



今日の名古屋城
本丸御殿の様子はここまでです。


□□□□□□

2018年10月17日撮影


img0221_640 480 50KB.JPG
地下鉄「市役所駅」7番出入口 噴水前の新たなモニュメント @NAGOYA

img0222_640 480 50KB.JPG
金シャチ横丁 宗春ゾーンの様子です

img0223_640 480 50KB.JPG
[玄関一之間] 東側にはめ込まれた「竹林豹虎図」重要文化財

img0225_640 480 50KB.JPG

[玄関一之間] 東側にはめ込まれた「竹林豹虎図」重要文化財

img0224_640 480 50KB.JPG
[玄関二之間] 西側にはめ込まれた「竹林豹虎図」重要文化財

img0226_640 480 50KB.JPG

デジタル複製された [玄関二之間] 西側の襖絵です

img0227_640 480 50KB.JPG
デジタル複製された [玄関二之間] 西側の襖絵です

img0233_640 480 50KB.JPG
本丸御殿上洛殿 三之間の様子です

img0232_640 480 50KB.JPG

本丸御殿上洛殿 二之間の天井絵の様子です

img0231_640 480 50KB.JPG
廊下に設えた欄間の様子です

img0230_640 480 50KB.JPG

本丸御殿上洛殿 一之間の豪華な欄間の様子です

img0228_640 480 50KB.JPG

本丸御殿上洛殿 上段之間の様子です

img0229_640 480 50KB.JPG
本丸御殿上洛殿 上段之間の天井絵の様子です

2016年の様子は こちら をご覧ください。

最後までご覧頂きありがとうございます。

この後
名古屋駅から
セントレア国際空港にオープンした
FLIGHT OF DREAMS ] へ。

《 写真素材 》 フォトライブラリー

写真・素材をお探しの方は こちら をご覧ください。

JUGEMテーマ:お城

| comments(0) | - |
page top   
1 / 31 pages >>

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
Search this site.
NEW ENTRIES
CATEGORIES
PROFILE
RSS/ATOM
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS